読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

印鑑より本人確認書類?

 

つい先日

印鑑についてゴニョゴニョ書きました。

それに関係あるようなないような

愚痴だらけの

脈略のないお話。

証券会社に提出した書類が戻ってきた

マネックス証券から封書が届いていて。

今時は電子交付が主流なのに

何か書類が届くような用事があったっけ? 

と思ったものの。

 

そういえば

株式の口座移管依頼の書類を出してたっけ。

と思い出す。

「何か記入不備があったのかなー」

と、がっくりしながら封書を開けると。

「本人確認書類が同封されていないです」

ですって。

 

え。そんなこと書いてあったっけ?

手続き案内の説明書きや記入例の書類には

そんなこと一切書いてなくて。

記載を探すと提出した移管依頼書そのものの

一番上に書いてありました。

 

だったら説明書きの書類の方にも

書いておいてよ!

 

お手数かけてごめんなさいと

ちょこっとだけ思いつつ

本人確認書類を同封して

もう一度提出しました。

 

印鑑の代わりに本人確認書類?

最近は

株式や投資信託マネックス証券

固めていたのですが。

マネックスだけに固める必要はないよね

と急に思って。

 

SBI証券にも口座を持っているので

一部をSBI証券に移そうと思いまして。

口座移管依頼書を出したのです。

 

NISAの金融機関変更は面倒そうなので

マネックスのままにして

課税口座の

株式は一部だけ移管。

投資信託も一部を残して売却して

両方に振り分けることにしました。

投資信託も移管したら良かったんだけど

移管手数料がそれなりにかかりそうなので

利益確定も兼ねて売却しました。

ネット証券の場合

株式移管手数料は無料のところが多いですね。

 

利益確定なんて言っても

課税口座の方だったので

売却益から思いっきり税金が引かれることになって

あまりよろしくないのですが。

ちょっと現金が不足気味だったのと

投資信託のラインナップを整理したかったので。

もういいやと。

 

マネックスもSBIも

投資信託の残高に応じてポイントが

もらえるのですが

わずかながら

SBIの方が還元率が良いのかなと思ったり。

 

しかし、SBIの場合

証券会社の口座とは別に

SBIポイントとやらの登録が必要なようで

登録してたっけ?

と確認してみたら。

登録はされていたけど

メールアドレスは

もう解約したプロバイダのアドレスで

古いままだし

パスワードはわからないし

と八方塞がり状態でした。

 

証券会社の登録と連動させておいてよ

と文句を言っても後の祭り。

サポートとやり取りをすることになったのですが

ここでも

本人確認書類を送れという指示が。

FAXかメールでとのことだったので

メールで送付して

メールアドレスの変更と

パスワードの再設定が無事にできました。

 

 

そういえば

マネックス証券からの書類に

「お届け印に変えて

 お客様より本人確認書類を受け入れることで

 ご本人様の確認をしています」

という記載がありまして。

そういえばマネックスでは

届出印の制度が廃止されたので

印鑑の代わりなのかとか思ったり。

 

今は法律の関係などもあって

口座開設や住所変更の届出のたびに

必ず本人確認書類を送ることになるのですが

今後何かちょっとした手続きをする度に

本人確認書類を送るハメになるんですかね。

 

自分は自動車の運転免許証を持っているので

主にそのコピーを使うことが多いのですが

運転免許証持ってない人はどうしているんですかね。

 

住基カードは代わりになりそうですが

マイナンバーカードは

無駄にマイナンバーが記載されているからなのか

本人確認書類として使えないような感じもして。

マイナンバーって裏面に書いてあるから

表面だけで本人確認書類として機能するはずなのに。

 

以前にも書きましたが

リスクが大きすぎて

民間企業ではマイナンバーカードなんか怖くて扱えない

みたいな状態になっているみたいですね。

 

何が言いたいのか

よくわからない文章になってしまいました。

印鑑もうやめようよ

なんて書いたものの

今度はそれの代わりに

運転免許証のコピーを送りまくることになるとはと

うんざりしたお話でした。

 

印鑑もうやめませんか?

タイトルは大げさですが。

もう印鑑とかどうでもよくね?

っていうお話です。

 

シャチハタ不可とは何なのか

 

金融機関宛の書類や

役所関係の書類でよくある

「スタンプ印(浸透印)は不可」

という但し書き。

  

いわゆるシャチハタ不可ってやつ。

なんでなんだろう?

といつも思っています。

 

そして、そのような但し書きがある書類でも

文具店や100円ショップで売っているような

いわゆる三文判を押しても

特に却下されない謎。

 

スタンプ印で押したのか

三文判で押したのか

厳密に判断できる人もいなさそうなのに。

 

そんな状況でこんなお話。

 

portal.nifty.com

 

シャチハタのスタンプ印って

「印鑑証明には使用しないでください」

っていう但し書きがあるみたいです。

その大きな理由としては

「ゴム印だから」だそうで。

ゴムなので変形する可能性もあるし

押し方によっては

曲がって押してしまう可能性もあるから。

みたいな感じ。

 

そして、まさかのシャチハタに

話を聞きに行くというDPZさんの発想。

これ逆に

金融機関や役所に聞き行っても

「決まりですから」って感じで

まともな答えが

帰ってこないんじゃないですかね。

 

印鑑の意味ってなんだろう?

これが重要な取引書類などで

印鑑登録した印鑑が必要になるケースや

口座振替依頼書などで

金融機関に登録した印鑑を押印する場合は

まだ印鑑を使用する意味って

あるのかもと思うのです。

 

でも、それ以外で

特に印影の照合をするわけでもないケースで

押印を求められると

「なぜ印鑑が必要なの?」

と思うこともしばしば。

本人が確認したって証拠?

だったらサインでいいじゃん。

 

印鑑が必要という記載があっても

実運用ではサインでもOKなんてこともあったりして。

 

逆のケースというべきかもしれませんが。

私の記憶が確かならば

交通反則切符を切られたときに

なぜか拇印を求められたりしますけど

印鑑持ってたら

印鑑の押印でOKだったはず。

本来的な意味では

署名(サイン)で十分なはず。

よく押印するしないとか

サインするしないとかで

揉めるケースもあるようですが。

そこのするしないっていのは

あまり意味のない話のようで。

 

自分は青切符しか切られたことことないし

そもそも久しく交通反則切符を切られていないので

細かい事情はよくわかりませんが。

まぁ、いい大人が交通反則切符切られるようなこと

するなよって話ですね。

ルールはきちんと守りましょう。

 

 

話がそれましたが

先程も書いたとおり

三文判やスタンプ印なんて

その辺で誰でもスグに買えてしまうので

そんなもの押印したところで

何の証明にもならないと思うんですよね。

 

さらに

捨印なんて仕組みもあって

捨印押していたら

軽微な修正が可能になるって

もう印鑑の意味ってなんだよって感じです。

 

これも先程例に出した

口座振替依頼書なんかは

記入不備がとても多くて

捨印がないと

かなりの数を不備で差し戻さないといけない

っていう実情もあるのでしょうね。

 

印鑑にこだわるのやめませんか?

 

まだまだ数は少ないですが

金融機関の中には

印鑑の届出を不要とするところも出てきて

そういう方向に向かっていけばいいなと

願っています。

 

そして

印影の照合とかしないケースでは

署名(サイン)のみにするか

せめてスタンプ印でも

構わないことにしていただきたい。

 

 

で、最後にどうでもいい話。

自分が主に金融機関への登録印として

使用している印鑑って

いわゆる銀行印として

作った印鑑ではないんですよね。

そして使用し始めてからかなり経つので

そろそろ変えてみようかなとか思ったり。

 

風水とかそういうのには

特に興味がないので

安そうなのを

ネットで適当に探して作ってみようかしらん。

 

でも

金融機関への

変更手続きが面倒そうだな

とか思ったり。

うーん

やっぱり印鑑文化もうやめて欲しいな。

 

IP電話を使いこなせていないかも

結局プレフィックス型ばかり使っている

以前docomo→mineoへの乗換を行った際に

通話をどうするのかを考えて

いろいろ書きました。

 

現在はmineoでも

5分かけ放題プランができたのですが。

1ヶ月で850円分も通話しないので

契約には至っていません。

 

結局発信はほとんど

DMMトーク(プレフィックス型)を使用しています。

 

mvno.dmm.com

 

IP電話の方が料金は安いことが多いのですが

以下の理由からほとんどがDMMトークでの発信になっています。

・090番号での発信者番号通知ができる

IP電話よりは通話品質が安定している

 

携帯電話宛の場合は

IP電話でもそれなりの通話料金になるので

それだったら、少し料金が高くても

より通話品質が良いプレフィックス型でいいかなと。

それでもたまに

「あれ?ちゃんとこっちの声聞こえているのかな?」

というような通話品質になることもありますが。

 

固定電話宛の場合は

IP電話の方が料金がかなり安くなるのですが

090番号での発信者番号通知が必要な場合や

通話品質を優先させたいときには

プレフィックス型にしています。

 

DMMトーク

DMMmobileの音声プランを契約していないくても

利用することができます。

 

専用アプリも提供されていますが

プレフィックス番号を付加すれば

専用アプリ以外からでも発信できます。

 

同様のサービスとしては

楽天でんわ

・FREETELでんわ だれでもカケホーダイ

などなど他にも沢山ありますのでお好みで。

 

またMVNOの契約がある場合は

契約者専用のプレフィックス型サービスが

提供されている場合もあるので

そういうものを利用するのアリですね。

 

IP電話の契約だけがどんどん増えていく

一応契約している

IP電話(050)サービスを並べてみます。

契約だけがどんどん増えていって

活用しきれていない気がします。

 

LaLa Call

・050番号付与あり

・月額基本料 100円/月

 ※mineo契約がある場合は100円分の無料通話あり

・留守番電話機能あり

 

lalacall.jp

 

自分はmineoを使用しているので

ケイ・オプティコムが提供している

LaLaCallを契約しているのですが

あまり活用できていません。

 

以前にも書きましたが

050番号での発信となってしまうために

相手を混乱させてしまうのと

そもそもIP電話とは何なのか

ということを理解してもらうのが

かなり難しかったという。

 

あと通話品質が期待よりも低かったというのが

利用を躊躇させる原因にもなっています。

掛け直しになっても問題ない相手にしか

使えません。

 

家などで通信環境が安定しているのであれば

他のIP電話とそれほど通話品質は

変わらないはずなのですが

どうも使い始めた当初の

あまり良くない印象が

拭えないままになっています。

 

その結果利用頻度は低めです。

あまり利用していないのに

月額基本料金を支払っていることになります。

 

ほとんどかかってきませんが

一応、着信にも使用しているので

固定電話代わりだと割り切ることにしています。

 

FUSION IP-Phone SMART

・050番号付与あり

・月額基本料 無料

 (ただし長期間使用していないと

  解約になる可能性あり?)

・留守番電話サービスあり

 

ip-phone-smart.jp

 

スマホで使える

IP電話サービスが出始めた頃には

月額基本料が無料なこともあって

話題に上がることも多かったように思います。

 

MNO(大手キャリア)が

かけ放題プランを全面に押し出してきたり

FUSIONが楽天傘下になった後は

存在感がかなり希薄になったように思います。

 

自分が使い始めた当初は

まだ3G時代だったこともあり

外ではちょっと通話するのが辛いというような

通話品質でしたが

最近は他のIP電話と同様のレベルには

なっているのですかね。

 

自分のスマホに簡易留守録がついていないので

転送電話でここの050番号に転送して

疑似留守番電話として利用しています。

ただ、誰も留守電に録音してくれないので

ちゃんと設定できているのか

未だにわかりません。

 

同じことは

LaLaCallでもできるはずですが

なんとなくこちらでやっています。

 

ブラステル 050Free

・050番号付与あり

・フリーダイヤルにも発信可能

・月額基本料 無料

 料金支払はプリペイド

・プレフィックス型(090番号発信)も提供あり

 

www.brastel.com

 

元々は外国から日本に来た人が

プリペイドカードで簡単に

国際通話ができるようにしたものらしいですが。

国内通話のみでも使用できます。

 

すでにIP電話サービスを持て余しているのに

最近契約をしたのには理由があります。

 

IP電話での発信になりますが

フリーダイヤル(0120)にかけられるのです。

 

コールセンターなどでは

フリーダイヤルの0120番号が用意されていても

「携帯電話からは不可」となっているものが多くて

困っていました。

 

せめて一般番号が併記されていればいいのですが

利用者にとっては

何一つメリットがない

ナビダイヤル(0570)しか

用意されてないことも多くて

モヤモヤしていたのですが

これでNTTコミュニケーションズ

ナビダイヤルのバカ高い通話料金を支払わずに済みます。

 

それでもIP電話ですので

通話品質はそれなりですし

全てのフリーダイヤルに

かけられるという保証はありませんが

ほとんどのIP電話サービスでは

フリーダイヤルへの発信は不可になっているので

選択肢が増えるのは嬉しいです。

 

料金支払がプリペイド型なので

事前にチャージが必要になるのは

ちょっと面倒ですかね。

基本的にはプリペイドカードを購入することになりますが

090番号でSMS認証をすれば

プリペイドカード無しで登録(050番号取得)はできます。

クレジットカードからのチャージにも対応しているようです。

 

フリーダイヤルにかけるだけなら

とりあえず登録のみでも使用できます。

 

元々は国際通話のためにできたという経緯もあり

プレフィックス型も含め

様々なサービスやアクセス方法が提供されているので

うまく使えば便利かもしれません。

 

skype

・050番号付与なし

プリペイド型は月額基本料金無料

 別途月額プランもあり

 

www.skype.com

 

よくPC間での通話で利用されているイメージがありますが

固定電話、携帯電話へかけることもできます。

ただ、料金や使い方の説明ページが

嫌がらせかというくらいわかりづらくて

積極的に使おうとは思いませんね。

 

ではなぜ使用しているかというと

勢いで office 365 solo の契約をしてしまったので

60分/月の無料通話がついてきちゃいました。

 

でも発信者番号通知はできないし

所詮IP電話なので通話品質はあまり期待できないし

っていうかそもそもそんなに電話しないし。

 

というわけで

番号非通知でも問題ないところにかけるときに

たまーに使うくらいです。

 

LINE

・050番号付与なし

・LINE利用者同士なら

 通信料のみで通話可能

 

line.me

 

リンクはLINE Outのページですが

LINE Outは全く使用していません。

LINE Outは

発信者番号通知ができるとの記載はありますが

通知できないケースも多いので

過度な期待はしない方がいいです。

 

また

「LINE利用者同士なら

 通信料のみで通話可能」

なんて書きましたが。

これはこれまでに書いた

他のサービスでも

同じサービス同士なら

通信料のみで、通話料金は無料の場合が多いです。

 

ではなぜわざわざ書いたのかというと

スマホだとLINE使っている人が多いから

というだけです。

 

LINEのID交換している間柄なら

LINE通話でいいじゃん

って話になっちゃうので。

 

折角050番号があっても

あらかじめ教えておかないと

混乱させるだけで。

そういう心配はLINE同士の通話だと

しなくて済むわけで。

 

通話品質について

各サービスを細かく比較できていませんが

ちょっとした通話なら

LINE通話でも十分かなと。

 

頑張って使いこなしたい

結果どんどんIP電話の契約ばかり

増えていってしまっていますが。

頑張って使いこなしたいと思います。

 

スマホからの発信は

アプリを使って

通話先(もしくは通話アプリ)を

その都度選んで使い分けています。

 

・090番号を通知したい

・通話品質を確保したい

→DMMトーク

→ブラステル(プレフィックス型)

 

・050番号を通知したい

・(通話品質が)IP電話でも良い

→LaLaCall

 

・番号非通知でも問題ない

・(通話品質が)IP電話でも良い

Skype Out

 

・相手がLINEを使っている

→ LINE通話

 

・フリーダイヤル

→ブラステル (IP電話)

 

・疑似留守番電話用

→ FUSION IP-Phone SMART

 

050番号の維持にもコストは発生すると思うので

月額基本料金が無料の

ブラステルやFUSIONあたりは

たまに有料の通話を使ってあげたいものですが

これだけ沢山のサービスを使い分けている状況では

なかなか難しいですね。

 

というわけで

今回は一旦ここまでにしたいと思います。 

 

 

以前に書いた記事です

書いてから時間が経っているので

情報としては古くなっている可能性もありますが

ご容赦を。

 

kance.hatenablog.com

 

 

kance.hatenablog.com

 

 

kance.hatenablog.com

 

日経には頑張って欲しいとは思っているけど

日経なのに?日経だから?

ことの発端はこの話題

 

www.huffingtonpost.jp

 

面倒なので

問題になっていたタイトルの記事も

ちゃんと見てなくて

ちらっとブコメを覗いた程度。

 

日経に限らず

最近は釣りタイトルも氾濫しまくっているので

今更驚きもしませんが。

真面目に取材しておいて

そのタイトルは無いだろうと素人ながらに思いますね。

 

はてな村の隅っこにひっそりいるものとして

日経ってもう

飛ばし記事のイメージしかなくって。

 

それでも他の全国紙と比べれば

まだ読もうという気にはなるので

WEBで覗いたり

たまーに駅やコンビニで新聞を購入します。

そして、ごくごくたまに日経ヴェリタスも読みます

でもあれって結構なお値段(550円)しますが

売れているんですかね?

 

新聞のお話は何度か書いているかもしれないので

過去の記事と重複する内容もあるかもしれませんが

折角なのでちょっと書いておきます。

 

日経の記者は経済学の専門家ではない

他の全国紙と比べると

「経済」新聞を名乗っているだけあって

経済関係の記事は充実していると思います。

 

金融系など一部の業界では

未だに「日経信仰」のようなものもあるようです。

ネット全盛の時代

さすがに時代遅れなのでは?と思いますが

日経信仰が当たり前と思っている人が引退するのは

もう少し先かもしれないので

まだは日経信仰は続くのでしょうかね。

 

自分の学生時代に

経済学の先生が授業で喋ったことが印象的で

未だに覚えています。

 

「日経って難しいこと書いていますよね

 なんて経済学の講師が言っちゃいけませんね。

 あれ?でも日経の記者さんって

 経済学の先生じゃないですよね?」

 

かなり昔の話なので

その話が経済学の授業の何の話に繋がったのか

すっかり忘れてしまったのですが。

 

日経の記者だっていっても

あくまで新聞記者なわけで。

もちろん多少の勉強はするでしょうが

決して経済学の専門家って訳じゃないんですよね。

 

だからといって

煽りタイトルやら

飛ばし記事を書いて良い

なんて話ではありませんが。

 

新聞様が偉いなんて時代はとっくに終わっているのに

よくSNSなどで

TV番組の報道に対して

いろいろ文句を言っている人を見かけます。

 

TVの場合

放送法という法律に縛られていたり

ネット全盛の今でも

まだまだ影響力の大きいメディアではあるので

迂闊なこと言うと

批判の対象になるってんで

あまり極端な報道はしないはず。

ま、「はず」としか言えませんが。

 

でも、新聞って

なんか脊髄反射的に

「うちの社はこういう方針だから

 こういう風に書く」

っていうのが当たり前になっていて。

偏った書き方ばかりで

正直うんざりします。

 

マスコミの人って

基本的に複数の意見がある場合は

ちゃんと両論併記する

というようなことを教わると思うのですが

新聞って一方的な書き方が多いような気がするのは

自分だけでしょうか。

 

特に全国紙ってそんな記事ばかりでうんざりします。

とはいえ、いわゆる地方紙がとても弱い地域に住んでいるので

スポーツ新聞や夕刊紙を除けば

実質日経を含めた全国紙しか選択肢はなく。

高い金払って

エリートの自己満足で終わっているような

記事読みたくないわって感じ。

 

宅配契約をしても

オートロックのマンションに住んでいると

毎朝下のポストまで新聞のためだけに

降りないといけなくって。

そこまでして読みたいと思えるような内容じゃないなと。

そもそも隅から隅まで読んでる暇もなくて

新聞代がもったいないや。って感じ。

 

未だに

強引な新聞購読の勧誘が問題になり続けているのに

積極的に解決に向かわせようという姿勢は感じられないし。

 

などなどの理由で

自分のように新聞の定期購読をしない

「無読」の人って

どんどん増えていると思うのですが

未だに新聞屋は

「自分たちはエライ」

みたいなこと思っているのですかね。

 

日経くらいはまともなこと書いてよ

マスコミの世界では

未だに「スクープ合戦」のような

対抗意識があるようですが。

少なくとも新聞において

速報性はTVやネットに劣るのだから

いつまでも自分たちだけの常識にとらわれていないで

もっと記事の質の充実を目指してほしいものです。

 

何回も書いていますが

未だにいつ通達されたかもわからないような

旧文部省の通知にこだわった記載を続けているのは

新聞くらいじゃないですか?

特にカタカナ語の記載が違和感ありまくりなんで

現状に合わせた表記にして欲しいものです。

 

産経、読売、毎日、朝日と言った

全国紙にはもううんざりしているので。

日経くらいは頑張って欲しいのですよ。

 

繰り返しになりますが

その日経にも

飛ばし記事が多いイメージがあって

実際に企業の広報から

名指しで批判されるような事態にもなっていたりして。

 

一歩間違えば

特定の企業の株価にだって影響しかねない訳で

風説の流布だと言われても

おかしくないような記事も多くて。

 

煽りタイトルなんかに頼らなくたって

ちゃんとしたもの書けば

みんな読みますよ。

 

と、冒頭の件から

どうでもいいことを

グダグダ書いてみました。

 

ホテルの無線LANが安定しないときはWi-Fiルーターで有線接続するのはどうだろう

ホテルの無線LANって不安定?

最近はホテルなんかで

無料の無線LANスポットが提供されていたりしますが

接続しようとてしても

まともに繋がらないこと多くないですか?

自分だけなのかですかね。

 

スマホやパソコンを持ち込む人が多くなって

折角無線LANがあっても

輻輳状態になっているのでしょうかね。

 

ほとんどの場合2.4Ghz帯で提供されているでしょうし

個人でWi-Fiルーター持ち込んでいたり

スマホとPCをテザリングで接続している可能性もあったり

Wi-Fiの電波が沢山飛びまくって

どんどん不安定な状態になりやすく

なってしまっているのかも。

 

ちょっと寄り道(自分語りごめんなさい)

自分の場合

普段はスマホのみ持ち歩いていますが

場合によっては

タブレットもセットで持ち歩くことがあります。

 

スマホだけでもいいのですが

画面の大きなタブレットの方が便利なこともあります。

電子書籍なんかは

タブレットの方が圧倒的に見やすいですしね。

 

ただ自分のタブレットWi-Fiモデルなので

そのままではネット接続できません。

なので、モバイルWi-Fiルーターをセットで持って行きます。

 

遠出のときは

さらに充電器なども持っていくので

どんどん荷物が増えてしまいます。 

 

ちなみに自分が現在所有している

モバイルWi-Fiルーターです。

 

 

※これは最新機種ではありません

 詳細は文末で補足しています。

 

普段はあまりクレードルを使用しないのですが

出先で充電するときに

荷物は増えますが

クレードルも持って行きます。

 

最近気がついたのですが

ブリッジモードに設定しておいて

クレードルに有線LANを接続すると

MR04LNが有線LAN経由の

無線LANアクセスポイントとして動作します。

 

有線LANについては

部屋にLANケーブルが置いてあったり

直接LANケーブルが伸びている場合が多いです。

万が一それらがなくても

部屋に有線LANの設備がある場合は

LANケーブルくらいは

自分で持っていかなくても

ホテルで貸してくれるはずです。

 

直接ホテルの無線LANに接続するよりは

かなり安定します。

5Ghz帯での接続もできるので

輻輳もほとんどなくて便利です。

 

MR04LNはクレードルに置いてしまうと

タッチパネルでの操作ができなくなってしまうので

ブリッジモードに変更する方法が

よくわからなかったのですが

クレードルに置く前に

あらかじめモード設定しておけば良い

ということに

使用し始めてからかなり経って

気が付きました。

 

ホテル用ルーターでも良い

 

自分の場合はたまたま

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを

使用していますが。

「ホテル用ルーター」なんて呼ばれている

小型の無線LANルーター

持っていくのもありだと思います。

 

 

こっちの方が荷物は少なくなるはず。

個人的な意見ですが

子機側のスマホタブレット

5Ghz帯に対応していれば

親機も5Ghz対応の方がオススメです。

2.4Ghz帯は混雑していることが多いので。

 

例として示したもの以外にも

コンセント直差し型だったり

microSDなどの

ストレージ読み書きに対応していたり

色々なものがあるので

物色してみるのもいいかもしれません。

 

というわけで

無線LANが不安定なら

有線LAN経由でWi-Fiルーターを

使用してみてはいかが?

というお話でした。

 

 

 

 

 

 

amazonリンクの補足事項

 ・MR04LNの後継機がMR05LNですので

  新しいものがよければそちらをどうぞ。

  SIMカードのサイズにご注意。

 

 ・MR04LN、MR05LNともに

  クレードルセットモデルです。

  例に挙げたような使い方をする場合は

  クレードルが必要になりますが

  モバイルWi-Fiルーターとしては

  クレードルは必須ではないのでお好みで。

 

 ・さらにこれはOCNモバイルONEのSIMカード付きですが

  おまけのようなものです。

  素直に契約するも良し。

  他社SIMを差すも良し

  私はDMMmobileのSIMを差しています。

  同時使用はできませんがSIM2枚差しも可能です。

 

 ・最安値がamazonマーケットプレイスだったりしますので

  ショップのご利用は自己責任で。

 

ブラザーのプリンタを買った(DCP-J968N)

 

プリンタの買い替えを決意して

キヤノンエプソン

と思いつつ

結局ブラザーのプリンタ(DCP-J968N)を

購入した

 

 

というのを前の記事で書きました。

 

せっかくなので

しばらく使用してみての感想などを

思いつくままに。

 

すべての機能を使いこなしているわけではなく

若干偏った話になりそうなので

あくまで個人の感想ということで。

 

詳細なレビューを見たければ

ニュースサイトなり

ショッピング、レビューサイトを

参照されることをオススメします。

 

本体サイズ

エプソンキヤノン

小型の複合機を発売していますが

それらよりは

ちょっと、ゴツい印象です。

実際にそれらより大きくて重いです。

これでも小さくなった方なのですかね。

 

この機種は

ADF(自動原稿送り装置)が搭載されていることもあって

同じブラザーで一つグレードの下がる

DCP-J767Nより

大きく、重くなっています。

持ち歩くものではないので

重さはそれほど重要ではないのかもしれませんが。

 

プリンタによっては

用紙トレイがはみ出してしまうようなものもありますが

この機種はそんな事態にはなりません。

カタログなり実物なり調べてもらって

そのサイズで設置可能であれば

問題なく使用できます。

 

ただしCDなどのラベル印刷や

背面の手差しトレイを使用する際には

設置面積に加えて

ある程度の空間が必要になります。

 

用紙トレイ

用紙トレイは

前面用紙トレイがメインで二段構成。

背面に手差しトレイがあります。

 

前面の二段トレイですが

上段トレイは写真用紙やハガキ専用のようです。

さらに同時使用はできないので

トレイを操作して切り替えることになります。

トレイに簡単な説明が書いてあるので

その通りに操作して切り替えればいいのですが

ちょっと切り替えに戸惑いそうです。

 

普段はA4用紙メインで

たまに写真用紙やハガキに印刷する

という程度であれば

なんとかなりそうです。

 

利用頻度の低い用紙を使うときは

いっそ背面の手差しトレイを使用した方が

戸惑わなくて

いいかもしれませんね。

 

前の記事で

キヤノン機やエプソン機で

排紙トレイや操作パネル面が

自動収納されない

なんて話を書きましたが

この機種はそもそも排紙トレイの

出し入れが手動です。

構造もトレイというのが

大げさだと感じるくらい

簡易的なものです。

 

中途半端に自動化されるくらなら

いっそ手動の方が

わかりやすくていいです。

 

 

初期設定

初期セットアップは

ちょっと面倒でした。

最近はエプソン機ばかり使っていましたが

セットアップは無線LAN設定も含めて

比較的スムーズにできたのですが。

ブラザー機はそこまで

洗練されていないようです。

 

結局インストーラーでは設定をすべて完了できず。

うちの無線LAN親機のWPSが不安定なせいもあって

無線LANのパスワード(PIN)入力を

プリンタの小さな液晶パネルで

入力しないといけないのは

面倒でした。

 

ドライバやユーティリティなどは

インストーラーで

まとめてインストールすることができるのですが

後述するように

ドライバ周りが若干不安定な印象もあるので

ある程度知識があって

余計なユーティリティが不要な人は

ドライバ単体でインストールしてしまった方が

いいかもしれません。

 

ドライバ周りがちょっと不安定

通常の方法でセットアップすると

プリンタの状態が表示される

ステータスモニターというのが常駐するのですが

これがなんだか不安定で。

一度通知領域に表示させない設定にしたら

何をどうやっても

再度表示させることができなくなってしまいました。

というかまともに稼働しているのかどうかすら

怪しくなってきて。

プロセス自体は常駐しているようなのですが・・・

 

ドライバを一度削除して再セットアップしても

状況は変わらず。

アンインストール→インストール

繰り返していたら

挙句にプリンタドライバそのものも

まともにインストールできなくなって

印刷が全くできなくなってしまったので

結局PCの初期化(OS再インストール)を

する羽目になってしまいました。

 

初期化後は不要なユーティリティは

極力インストールせず

余計な操作もしないようにして

今のところ普通に使用できています。

 

PC初期化後のセットアップでは

プリンタ側のセットアップは

すでに完了している状態だったので

ドライバのインストールをする前に

Windows Updateか何かで

自動的にプリンタドライバが

インストールされてしまっていました。

印刷するだけなら

そのドライバでもよさそうでしたが

一応専用のドライバの方をインストールして

使用しています。

 

とまぁ。

ちょっとした不具合にいくつか遭遇しましたが

FAQなどを見ても

解決できませんでした

というか該当するFAQがありませんでした。

 

ブラザーさんとしては

「サポートにも力を入れているよ」

と言っているように感じるのですが

ドライバやユーティリティは

あまりアップデートされていないようです

不具合対応とかないのですかね・・・

 

ドライバ、ユーティリティ関係が

不安定というのは

PCの知識があまりない人にとっては

結構大きな不安要素に

なりかねないと思います。

 

印刷品質・速度

ネットで評判を見てみると

印字が薄いというようなものも見かけましたが

自分は高い印刷品質が要求されるものを

ほとんど印刷しないこともあって

今のところ印刷品質での不満は

感じていません。

 

これを書いている時点では

かなり先の話になりますが

年賀状印刷が問題なくできれば

なんとかなりそうです。

 

印刷速度に関しても

決して速くはありませんが

遅くてイライラするっていう程ではないです。

WEBページなどを印刷してみても

買い替え前に使っていた

エプソン機(EP-807A)より

やや遅いかなと感じた程度です。

 

今のところ

印刷品質を特に変更せず使用していて

印字速度に不満は感じていません。

 

ということは

今より印刷品質を上げて印刷した際には

速度が遅くなると思われるので

不満が出てくるかもしれませんが

そういうことをする頻度も少なそうで

自分としては大きな問題になることはなさそうです。

 

スキャナ

自分が小型のドキュメントスキャナを所有していて

主にそちらを使用していることもあって

こちらのスキャナはあまり使用していません。

プリンタ本体の操作のみで

単純なコピーをするといった程度あれば

難しい操作も必要なく

メーカーが変わっても大きくは変わらないと思います。

 

PCからの操作でスキャンするにしても

複雑なことをするのでなければ

付属のユーティリティで問題なくできます。

 

DCP-J968Nには

ADF(自動原稿送り装置)があるのですが

大量のスキャンをすることがあまり無いので

宝の持ち腐れになってしまっています。

 

細かいこと

自動電源OFFなどはあったりするのですが

無線LAN接続の場合は

電源OFFにはならずスタンバイ状態を維持するようです。

消費電力的には大したことないということでしょうか。

 

 

ランニングコストは安い?のか?

このプリンタを購入して

3ヶ月ほど経ちますが。

自分の使用頻度では

まだまだインクの交換は発生しなさそうで

ランニングコストがどうのこうのを

感じる状況にありません。

 

インクタンクの容量などを厳密に

計算できている訳ではありませんし

最近はキヤノンエプソンだと

大容量だの小容量だのあったりして

よくわからなかったりします。

 

そもそもこの機種は

4色機ということもあって

全色パックでも単純に安いです

購入のときに感じる割高感は

これまでより軽減されそうです。

 

brother 純正インクカートリッジ 4色パック LC211-4PK

brother 純正インクカートリッジ 4色パック LC211-4PK

 

 

次もブラザー機を買うのか?

このプリンタを購入して

まだ年賀状シーズンを迎えていないので

最終的な評価はその頃になるのかもしれませんが。

 

今のところ

購入して満足はしています。

 

次に買い換える機会が発生するとして

次もブラザーにするかと言われると

今の時点では断言できませんね。

 

印刷そのものについては大きな不満はありませんが

エプソン機やキヤノン機に比べると

本体の造りや印刷品質など

色々荒削りな印象もあるし

ドライバ周りが不安定というのは

長く使う上では不安要素です。

 

自分の使い方だと

キヤノンあたりが

それなりの出来の機種を発売してくれれば

乗り換えてしまいそうですが。

結局インクが高いと感じることには

なってしまいそうで。

 

逆に

今ブラザー機に感じている

不安要素が取り除かれれば

性能・コスト的には

十分であるとも考えられます。

 

こういうデジタルものは

時間が経つと色々と状況が

変わってしまうものなので

実際に買い替えが必要になってから

考えればいいですね。

 

最初に予告したように

偏った話になってしまったと思いますが

このあたりで終わりにしたいと思います。

 

性能面の違いが大きいので単純比較はできませんが

インクだけでなく

本体もこっちが明らかに安かったんですよね。

 

 

前の記事

機種選定の経過です。 

 

 

kance.hatenablog.com

 

 

プリンタを買い換えようと思ったけど そもそもプリンタの使用頻度が減ってきている

 

プリンタの調子が悪くなった

昨年末頃から

微妙にプリンタの調子が悪くなってきたことから

話は始まります。

 

購入して2年半ほど経つ

エプソンのインクジェット複合機です。

故障するには早い気もします。

 

印刷のたびに異音はするものの

印刷は問題なくできていたので

年賀状印刷はなんとか乗り切りました。

 

とはいえ

最近は年賀状もほとんど出さなくなっていて

印刷枚数はかなり少なめです。

 

異音はどうやら

印刷中のインクタンクの移動時に発生しているようで

もし不具合なら致命的な感じ。

 

そして

いよいよ印刷も怪しくなってきてので

買い替えを検討。

 

どうせ買い換えるなら

各メーカーの

キャッシュバックキャンペーンみたいなものが

行われているときにすればよかったな

と思いつつも。

こういうものは

買おうと思った時が買い時なので

あきらめることにしました。

 

プリンタってそんなに使う?

 

そんなこんなで

プリンタの機種選定をしていたのですが。

そもそもプリンタって

何に使っているのだろうかと考えてみたり。

 

年一回の年賀状と

それ以外のほとんどは

WEBページの印刷。

最近だと物によっては

紙に印刷せずPDF化して保存することもあって。

印刷量としてはそんなに多くない。

 

一昔前だと

WEBで調べた結果や地図を

印刷して持ち歩くなんてこともあったけど

今はスマホタブレットがあるから

わざわざ紙に印刷しなくても

その場で調べたりもできるわけで。

 

写真印刷はかなり前から

全くしなくなっていました。

どうしても必要なら

写真店やコンビニで印刷したら

いいんじゃね。

って感じで。

それすらもほとんどしないですが。

 

中には

「プリンタは所有せずに

 必要ならばコンビニで」

なんて考える人もいるようですが

自分としては

印刷のすべてをコンビニで。

というのはさすがに面倒だと思うので

やはりプリンタは欲しい。

 

複合機なので

スキャナを利用することもあるのですが

プリンタ(複合機)とは別に

小型のドキュメントスキャナを所有していて

ちょっとしたもののスキャンは

主にドキュメントスキャナを利用しています。

 

だったらプリンタ単機能機でも

よさそうな気もしますが

個人向けのインクジェットプリンタは

複合機が人気なのか

プリンタ単機能機は

昔に比べると

ラインナップがかなり少ない上に

下手すると

複合機よりも価格が高くなってしまうこともあり

素直に複合機で検討することにしました。

 

エプソンキヤノン

とりあえず

エプソンキヤノン

個人向けインクジェット複合機

調べてみました。

 

エプソンが何世代か前から

複合機本体が小型化されているのに対抗して

キヤノンも似たような形の

小型のキューブ型複合機

発売したみたいで

自分が検討していたときは

キヤノンの方が人気があるのかな?

という感じでした。

 

自分としては

写真をほとんど印刷しなくなったので

印刷品質にはそれほどこだわらないのですが

その一方で

両面印刷ができると嬉しいので

両面印刷ができることを条件にすると

ある程度スペックの高い機種を

選ばざるを得なくなってしまいます。

 

写真印刷をあまりしない

ということを考えると

これまで使ってきたエプソン機ではなく

キヤノン機の方がいいのかな

という思いを持ったので

実物も見に行ったのですが。

エプソン対抗のキューブ型としては

まだまだこなれていないのか

操作パネル面や

排紙トレイが

印刷後というか電源オフ時に

自動収納されないなど

挙動が中途半端だなと感じました。

 

そして何より

個人向けのインクジェットプリンタで

大きく問題になる

「交換インクが高い問題」

こればかりは

エプソンキヤノンも同じ話で

そういう商売だし

どうしようもないのですが。

 

互換インクを使えば

多少はマシになるのかもしれませんが

面倒そうなので

自分は純正インクを使っています。

 

エプソンでもキヤノンでもなくブラザー

 

と、ここまで考えたときに

ふと、ブラザーのプリンタが

目に入りました。

あまり個人向けに

力を入れているイメージはなかったのですが

家電量販店でも

それなりの展示スペースがありました。

 

主力機でも

4色インクだったり

様々な面で

エプソンキヤノンには

劣るような印象を受けましたが

写真印刷をほとんどしない状況において

大きな問題はないかと。

 

実際ブラザーからの

販売応援と思われる人が

お客さんに印刷サンプルを見せて

「この印刷結果で不満を感じそうであれば

 エプソンキヤノンの6色機を選んでください」

というようなことを言っていました。

 

4色機であることは

弱点でもあるのですが

ランニングコスト

下がることにもなる可能性もあって。

本体価格も安めでした。

 

結果として

エプソンキヤノン

こだわる必要もないのかもと

思うようになり。

後日ブラザーのプリンタを

購入しました。

 

使ってみての感想はまた別記事で。

 

おまけ

特定の機種について書くような記事ではなかったので

記事中では敢えて機種名は書きませんでしたが

候補として検討したものを。

 

エプソン EP-879A

複合機で自動両面プリントとなると

ほぼこれ一択。

キヤノン機と同様

操作パネル面は

自動収納されないようです。

小型化のためか

コストダウンのためなのでしょうか?

 

 

キヤノン  TS8030

キヤノンはグレードが幾つかあって

上位のTS9030や下位のTS6030も

選択肢に入っていました。

TS5030まで下げてしまうと

自動両面プリントが無くなってしまうので却下。

もう何世代かモデルチェンジして

細かいところがこなれてくれば

また購入選択肢に入るかも。

 

Canon インクジェットプリンター複合機 TS8030 WH ホワイト
 

 

ブラザー DCP-J968N

結局購入したのはこれ。

グレードが一つ下の

DCP-J767Nでもよかったのですが

価格がほとんど変わらなかったので

こちらを選択しました。

 

 

購入後の感想。

 

kance.hatenablog.com

 

 


 

 

私鉄なのにICOCA定期?

 

以前にこんなの書いてました。

 

kance.hatenablog.com

 

だいたい言いたいことは

この記事に書いたんですけど。

2017年春に

関西私鉄でも

JR系のICOCAで定期を発売するところが

非常に増えることになりまして。

 

最初は上の記事に追記しようとしたんですが

すでに支離滅裂感があったのに

さらに訳がわからなくなりそうだったので

別記事を書くことにしました。

 

私鉄はPiTaPaじゃなかったの?

 

各社局のプレスリリースなどを

見ながら書いていますが

かなり混乱しているので

間違ったこと書いたらごめんなさい。

 

www.westjr.co.jp

 

本題に入る前に

大前提を。

関西での交通系ICカード

JR系=ICOCA

私鉄系=PiTaPa

というはずなんですが。

 

PiTaPaがポストペイ型だから

なのかどうかは知りませんが

私鉄系はサービスがバラバラだったり

IC定期券未導入の社局が多かったり

挙句の果てには

JR系のICOCAで定期券を発売していたり

と結構複雑な状況で。

 

そして

今年の春の

ICOCA定期の発売拡大で

PiTaPaはどこに行ったんだ?状態になってまして。

しかし、よくよく見ると

地味にPiTaPa連絡定期券の発売範囲拡大が

行われている鉄道もあって

かなり混乱しております。

 

すべての鉄道会社には

触れられないので

前の記事に書いたもの

プラスアルファくらいにしておきます。

 

大阪市営地下鉄

 

大阪市交通局|ICOCAおよびICOCA定期券を平成29年4月1日から発売開始します

 

これまでかたくなに拒んできた

IC定期をICOCAで発売

しかし、他社連絡定期券は

2017年春段階では未対応。

 

PiTaPa定期は発売してないんだし

だからといって

ICOCAPiTaPaの併用はできない訳で。

相互乗り入れもそれなりにあるんだから

他社連絡定期に対応してくれないと

使えないよっていう人も

それなりにいそうな気もします。

 

大阪市営地下鉄が連絡定期券を発売しないのは

何か特別な理由もあるのでしょうか。

プレスリリースに

「各社と検討・協議を進めていきます」

との記載はあるけども・・・

 

 

北大阪急行

www.kita-kyu.co.jp

 

※プレスリリースはPDF直リンクになってしまいそうなので

 お知らせページにしました

 

大阪モノレールとの連絡定期券(PiTaPa)を発売開始

北大阪急行ではICOCA定期の導入はなし。

直通している大阪市営地下鉄

ICOCA定期を導入するが

大阪市営地下鉄が連絡定期券を発売しないので

もちろん北大阪急行でも

連絡定期券は購入できない。

 

大阪モノレール

www.osaka-monorail.co.jp

 

www.osaka-monorail.co.jp

 

これまでIC定期券は

発売されていませんでしたが

ICOCA定期券を導入。

京阪、阪急、北大阪急行との連絡定期券あり。

やはり大阪市営地下鉄との連絡定期券がないのは不便。

 

自分はすでに北大阪急行だけ

IC(PiTaPa)定期にしているので

個人的には大阪モノレール北大阪急行

連絡定期券の導入を待っていたのだけど。

 

大阪モノレールではICOCA定期しか

発売されないので

PiTaPa定期にしたい場合は

北大阪急行での購入が必要。

 

そして大阪モノレールは定期券が必要なほど

乗車していないかもしれなくて

定期券じゃなくてもいいかも

とか思っていたりもする。 

 

阪急電鉄

www.hankyu.co.jp

 

※こちらもPDF直リンクを避けるため

 お知らせページにしました。

 

自分が定期券を購入するルートではないので

前回の記事では触れていませんでしたが

阪急電鉄でも

北大阪急行と同様に

PiTaPa連絡定期券の発売範囲が拡大されて

JR、京阪、大阪モノレール神戸市交通局

追加になるようです。

PiTaPaでJRとの連絡定期券が購入できるって

今まで無かったんじゃないですかね。

自分の狭い観測範囲の中での話なので

間違ってたらごめんなさい。

 

JR、京阪、大阪モノレール

ICOCA定期になりますが

阪急電鉄ではICOCA定期の発売なし。

 

ICOCAの方が扱いやすいのだろうか

情報をいくつか並べてみると

今までIC定期を導入しておらず

新たに導入するところは

私鉄なのにも関わらず

JR系のICOCA定期を導入するところが多い印象。

 

逆にすでに

PiTaPa定期を導入済みのところは

ICOCA定期は導入せず

引き続きPiTaPa定期で

という感じなのでしょうか。

すべての鉄道会社をチェックした訳では

ありませんが。

 

中にはPiTaPa定期、ICOCA定期共に

発売するところもあるんですかね。

 

JRとの連絡定期を発売する場合は

ICOCAの方がやりやすいのでしょうか。

でも、阪急はJRとの連絡定期を

PiTaPaで発売するみたいだし。

単に新規導入のしやすさを考えると

ICOCAの方がやりやすい

ということなんでしょうか。

 

しかしまぁ

元々JR系がICOCA

私鉄系がPiTaPaっていう

理解だったのに。

私鉄系が揃って

ICOCA定期を導入するとなると

そこを根本から覆される感じで。

かといって

すべてがICOCAに統一されたわけでもなく

しばらく混乱し続けることに

なりそうです。

 

こっちはICOCAだけ

こっちはPiTaPaだけ

とか

ややこしくて仕方がない。

 

いっそ

ICOCAPiTaPaを同時使用できるように

なったりしないかな。

2枚くらいなら

重ねて読み取りとか

技術的にはできなくはないんでしょ?

って無理かな・・・

 

それにしても

この状況

前回も少し書きましたが

PiTaPaって

鳴り物入りで導入された割には

いろいろ問題抱えているのかなと

素人ながらに邪推してしまいます。

 

電子書籍は冷遇されているのかもね

 

数日前に

いろいろ書いたのですが

今話題のことも含めて書いたら

無駄に長くなって

意味不明になったので

その件は一切無視すべきだと考えて

該当箇所を削除して

書き直しました。

 

先日

流通経路の都合で

紙の書籍よりも

電子書籍の発売日が遅くなる。

という事態に遭遇しまして。

「この本は電子書籍で発売されないのか?」

と思ってしまったくらいです。

 

そう思ってしまったのは

Reader Storeが

他の同様のサービスと違って

発売前(発売予定)の書籍が

検索結果にすら表示されない

っていうところに

問題があるのかなという気もしました。

Amazon(Kindle)や楽天にできることが

Sonyにはできないのでしょうか。

 

ちなみにこれ。

手っ取り早くAmazon(Kindle)です。

またもや

はいふりですみません。

 

ハイスクール・フリート いんたーばるっ 2 (MF文庫J)

ハイスクール・フリート いんたーばるっ 2 (MF文庫J)

 

 

 

物理媒体か電子媒体か選ばせて欲しい

書籍だけでなく

CDやDVD・BDなどでも同様のことが

多くあって。

「電子媒体ではなく

 物理媒体(書籍・CD)を買って欲しい」

なんて声も聞こえるくらいです。

 

でも、自分としては

物理媒体で書籍やCDを

どんどん買っても

置く場所を確保できなくて

最終的には捨てるか中古店に売却するか

っていう羽目になるんですよね。

 

その点

電子媒体であれば

置き場所には困らないし

端末さえあれば

どこでも利用できるっていうのは

便利なんですよね。

 

じゃぁ

今後一切紙の書籍やCDを買うつもりは

無いのか?

と聞かれると。

それは違う。

 

書籍の話で言えば 

電子書籍は確かに便利だけど

内容によっては

紙をめくって読むほうが

読みやすいものもある訳で。

 

例えば

ページをパラパラめくって

読みたいところを探す

なんていうのは

紙の書籍の方が簡単です。

 

「やはり本は紙でないと

 重みを感じてこそだ」

という人もそれなりにいる訳で。

 

電子媒体での取扱も

少しずつ増加してくると思いますが

すぐに物理媒体が

なくなってしまう

なんてこともないと思います。

 

なんで買う側(ユーザー)が売る側の論理に振り回されないといけないの?

この

既存媒体 vs 電子媒体

という図式で

電子媒体が冷遇されるのは

流通経路の違いによって

どこかの利益に影響が出るという

ことなんですよね?

 

でもそれって完全に売る側の

都合ですよね。

 

買う側にとっては

物理媒体だろうが

電子媒体だろうが

「購入する」

ということには変わりないのに

なぜ買う側の方が

どこにいるかもわからない

誰かの既得権を守るための仕組みに

振り回されないと

いけないのだろうと

不満を感じています。

 

書籍やCDについては

再販価格維持制度も関係してそうですが

これも完全に売る側の都合だし

さすがに時代遅れなんじゃないかと

思っています。

 

もちろん

利益を上げることも

大事だと思うので

そういう視点は無視できないのでしょうが

買う側のことも

もう少し考えて欲しいな

と思う今日このごろです。

 

ここまで書いておいてなんですが

以下に例示した記事に

だいたい言いたいことは書かれています。

 

それなりの数のブクマがついているので

みんな気になっているという

ことなんでしょうか。

 

この記事では

もう一歩踏み込んで

電子媒体をどう活用すべきか

という話もあるので

興味のある方はどうぞ。

 

 

www.itmedia.co.jp

 

 

2016年観た芝居を書き連ねたのだけどなぜか安楽椅子探偵の話に

 

このブログ

本来は観劇記録をつけるために

始めたはずなのですが

最近はすっかり

そんなことは影を潜めてしまっていまして。

 

一部はブログに書いたりもしていますが

常々言っているように

感想って書くのが難しくて

せいぜいtwiterでtweetするくらいに

留まっていたり。

そもそも何にも書いてないのもあるな

って思いまして。

 

急に思い立って

去年観た芝居を並べてみようようと。

 

ヨーロッパ企画の京都ニューシネマ

 at 京都シネマ

中之島春の文化祭

 at ABCホール

◎ハイタウン2016

 at 元・立誠小学校

もじゃ先輩とさくら君

 at KFMホール イオ

◎ロブカールトン

 COACHES OF OVAL

 at HEPHALL

◎KAJALLA

 大人たるもの

 at サンケイホールブリーゼ

ヨーロッパ企画

 来てけつかるべき新世界

 at ABCホール

◎ロブカールトン

 THW WILSON FAMILY

 at HEP HALL

 

映画やイベント混じってます。

もじゃ先輩とさくら君に至っては

すでに終わってしまった

ラジオ番組のイベントだし。

 

っていうか

ほとんど

ヨーロッパ企画とロブカールトンじゃないか。

もっと他にも見ないとなー。

KAJALLAは今年もやるみたいなので

行くんでしょうね。

 

折角

中之島春の文化祭や

ハイタウンのような

気軽に行けるイベントに

行っているんだから

そういうときに

観に行く幅を広げるチャンスだというのに。

全く活かせていない。

 

余裕ができたら

気になるところ開拓しないと。

 

あと

芝居ではないですが。

年明けにABCで放映された

安楽椅子探偵 ON STAGE」

これを書いているときには

WEBでの配信も終わってしまいましたかね。

 

なんと8年振りの8作目ということで。

もうやらないのかと思っていました。

本気で書けば

独立した記事が書けてしまうくらいな

お話なのですが。

 

原作は有栖川有栖綾辻行人のお二人。

ということで

「視聴者参加型 懸賞金つき本格ミステリドラマ」

です。

まず出題編が放送されて

約1週間後に解決編が放送される形です。

 

ほとんどの方は

謎解きに意識が行くんだと思いますが。

このシリーズ

初回から小劇場系の役者さんが

多数出演していて

自分はそれも楽しみにしています。

 

今回も

自分は存じ上げている役者さんが

何人か出演していました。

でも、知らない方も

沢山いらしたので

もっと芝居観に行かないと

と、改めて思わされました。

 

あと

解決編(本編)のラストで

客席が映るシーン。

なぜかABCホールが思い浮かんでしまいました。

 

その後の原作の二人を交えた

正解者発表はABCホール

収録されていましたね。

しかも、舞台側を向くのではなく

客席側に向いた方向で収録されていたのが

印象的でした。

 

 

最後は何の話なのか

わからなくなってしまいました。

繰り返し書きますが。

今年こそは

もっと芝居を観に行きたい。