これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。デジタルもの成分やや多め。

やっと すべてがFになる を(少し)見た

 

ハードディスクレコーダーにお笑いやらアニメやらが

溜まっていって仕方がないのですが。

今日、ようやくアニメ版の「すべてがFになる」を

ちょこっと見ました。

 

実写(ドラマ)版については録画はしていたものの

見るとがっかりしそうなので

結局1話も見ることなく

すべて消去してしまっていました。

 

それにしても実写化→アニメ化っていうのは

珍しい順番ですね。

 

まだ1話しか見ていないのですが

ちょこっと感想を書きたくなってしまいました。

 

最近こういう系統のアニメを見ていなかったのか

キャラデザにちょこっと違和感を感じつつ。。。

 

いや自分みたいな素人がキャラデザとか

言っちゃいけませんね。

 

実写化にしてもアニメ化にしても

先に原作を読んでいてると

そういうことに差異を感じるのは仕方がない。

たぶんすぐに慣れるはず。


ということで。

でも、それより何より

登場人物の小気味いいやり取りが見事に再現されていて。

これなら時間さえ確保できれば見続けられそう。

 

ただ、いわゆる「本格」系にに属しているであろうミステリーで

このアニメで消化されるであろうエピソードは

S&Mシリーズだということは

がっつり理系ミステリーなわけで。

ながら見とかは出来なさそう。

 

特に表題作の「すべてがFになる」は

コンピューターの知識が少しないと

ついていくのがしんどい予感がするのですが

どうなのでしょうかね。

 

話は少しそれて。

もう放映から大分時間が経ってしまいましたが

氷菓」にすっかりハマってしまいまして。

 

こっちは「日常の謎」系に属しているので

そこまで難しくないとはいえ

ミステリーをアニメ化っていうのは

難しくないのかなと思ってたりしたり。

 

氷菓については自分は

先にアニメを消化してから原作を読んだので

また違った感覚で。

普段はアニメ版を先にみてしまうと

それで満足して原作にまでは手が伸びないのですが。

氷菓については、アニメでは台詞として表現されてないことも

文章では書かれていたりするので

興味深く読めました。

 

話を戻して。

すべてがFになるにを始め

S&Mシリーズは一通り読んでいるはずなのですが

それももう大分前の話なので

詳細は忘れてしまってて

新鮮な気持ちで見られるかもしれません。

 

さぁ、あとは無事に全話見られるか。。。

 

あ、OPとEDも結構格好いい感じになってますね。

OPはKANA-BOONなのですね。

ワタクシKANA-BOONはちゃんと知らないんですけどね。

 

それにしても。

アニメもいいけど

小説も読みたいな。。。