これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。デジタルもの成分やや多め。

被災者でもない人間が阪神淡路大震災を振り返る 復興について

 

最後にちょこっとだけ。

 

震災からしばらく経つと。

「復興」という単語が聞こえ始めてきます。

 

自分は阪神、淡路地域は復興を成し遂げた。と思っています。

 

もちろん実情はそんな簡単なものではなく

被災者の中には今でも苦しいと感じている人が少なくないことは

ニュースなどを見ればわかります。

 

※初出時は記事へのリンクを貼っていたのですが

 リンク切れになっていました

 pdf化されていたので

 そちらのリンクを貼ります

http://www3.nhk.or.jp/news/hanshin20/hanshin20.pdf

 

それでも

当時火災や建物の倒壊により

信じられない光景となってしまった場所も

今ではきれいなビルや建物が建ち並び

震災があったことなんて嘘だと思えるような

光景になっています。

 

それより何より20年も経って

「復興した」って思わないと

やってられないじゃないですか。

 

自分には何も出来ないかもしれませんが。

東日本大震災などで被害があった地域も

ぜひとも復興を成し遂げて頂きたいものです。

 

私もこの件のいくつかの記事で書いていますが

「教訓」という単語。

阪神淡路大震災東日本大震災をとりあげている

TV番組を見ていても度々出てきます。

 

阪神淡路大震災で起こったことはとても悲しい記憶です。

そして被災者でも無い自分ですら

複雑な思いを抱いた出来事でした。

でも阪神淡路大震災のあとも

様々な災害が発生しています。

このときの教訓が少しでも活かされていて欲しいと思っています。

 

まだいろいろ思うこともありますが

被災者でも無い人間の駄文を書き連ねても仕方ないので

一旦ここまでとしておきます。

 

とにかく、今生きていることに感謝して

前を向いて行きたいものです。