これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

iPod touchを購入したがiTunesにやられる

iPod touchを購入した

という訳で

前回の記事に書いたように

WalkmanのFシリーズの代替として

iPod touchを購入しまして。

 

Apple iPod touch 32GB 第6世代 2015年モデル シルバー MKHX2J/A

Apple iPod touch 32GB 第6世代 2015年モデル シルバー MKHX2J/A

 

 

 

以前にもiPodを使っていたことは

あったのですが

どうもappleの思想には馴染めないというか

操作に癖があるような気がして。

思うように使いこなせず。

結局Walkmanに戻ってきていました。

 

再チャレンジです。

 

iPod touchって便利ですね

操作性はさすがというか

これだけiPhoneのシェアが高くて

それなりに進化していることもあって。

説明書とかなくても

適当に操作できるようになりますね。

siriでも少し遊びました

すぐに飽きましたけど。

 

Androidに慣れているので

「戻る」ボタンが無いのには戸惑いましたが

それも慣れですね。

とりあえずホームボタン押しときゃいいだろと。

 

当たり前の話なのですが

iOSなので

app store からアプリを落とせば

いろいろできます。

Androidを搭載していた

Fシリーズの代替としては

ぴったりでした。

 

iTunesはどうだ まぁ楽曲管理ソフトとは及第点か

私にとって

apple製品のハードルは

本体の操作性だけでなく

iTunesに振り回されることにもあります。

 

昔のiTunesは本当に使いづらかった。

特にwindowsユーザーには厳しかった。

他にも文字コードの関係などもあって

MP3タグが上手く表示されなかったり。

困ったことが多々出てきて。

 

apple製品が

私には合わないと感じる原因の大きな一つが

iTunesにありました。

 

楽曲管理ソフトとしての

iTunesはそれなりに進化していていました。

それでもwindows環境ではやたら重いのには

閉口しましたが。

 

ソニーMedia Goで管理していた楽曲を

認識させることには

それほど苦戦しませんでした。

プレイリストの管理などは

Media Go よりも簡単かもしれません。

 

しかし転送ソフトとしては失格ではないかと

だけれども。だ。

これがiPodへの楽曲転送になると

突然UIが大幅に変わって

とても使いづらくなる。

 

まずどの曲がiPodに転送済なのかが

とてもわかりづらい。

例えば

プレイリスト単位で転送してしまうと

そのプレイリストには

チェックがつくのだけど

その曲のアルバムのところには

チェックがつかないので

「あれこのアルバムは転送してなかったっけ?」

と戸惑うことになる。

 

appleさんとしては

「つべこべ言わずに(全曲)同期しろ」

という思想なのかもしれませんが。

iPodのメモリも無限ではないので

必要な曲のみに絞りたいわけで。

 

あと自分の場合

ラジオの録音ファイルなんかも

転送したりするので

聞き終わったものを削除して

新しいものを転送するとかしようと思ったら

もう大混乱。

 

さらに

転送は問題なく終わったはずなのに

iPodで再生すると

「曲が途中でぶつ切りされて次の曲に飛んでしまう」

という事象が頻発しまして。

結局その曲だけ再転送する羽目にになるのですが

そしたらアートワークが無くなったりとか。

プレイリストもiPod側で

再登録することになったりとか。

 

これって致命的な不具合だと思うのですが

WEBで調べてみても

具体的な解決方法を見つけられませんでした。

 

しかもどういう状況で発生(再現)するのか

よくわからないので

とりあえず転送して

実際に聞いてみてたら

曲がぶつ切りされて

イラッとするという繰り返し。

 

前述したように

iTunesではどの曲が転送済なのかが

とてもわかりづらいので

さらにイライラがつのる。

と負のスパイラル。

 

Walkmanで使っている

Media Go も大概使いづらいのですが

転送ソフトとしては

iTunesのような問題はあまり発生しません。

プレイリストに関する操作関連で

これは不具合なのででは?

と思う事態にたまに遭遇しますが

転送した曲がまともに聞けないなんてことはありません。

 

iTunesは楽曲管理ソフトとしては

それなりですが

転送ソフトとしては

とてもじゃないけど

使えたもんじゃない。

しかも、他のDAPと違って

他のソフトで管理するというわけにもいかず。

自分にはもう無理だと。

 

 

世間のiPhoneiPod使いの皆様はどうなのでしょうか

自分はWalkman及びMedia Goに慣れてしまっている。

というのも大きいのですが。

iPhoneとか使っている人は

iTunes使っているはずなのですけど

困ることないのでしょうか。

 

iPhone使いの人は

逆にMedia Goは使いづらいと感じるのでしょうね。

たぶん。

 

ソニーは楽曲管理ソフトを

節操なく変更するので

その度に操作が大幅に変わって

イライラするのですが。

慣れとは恐ろしいもので

決して使いやすいとは言えない

Media Goにも慣れてしまいました。

 

個人的な感想としては

Media Goは楽曲管理ソフトとしてはイマイチだが

転送ソフトとしてはまぁ使えるかなと。

一方iTunes

楽曲管理ソフトとしてはそれなりに使えるが

転送ソフトとしては失格かなと。

 

Walkmanに関しては

Media Goでの管理が嫌なら

Media Goを使用せずに

楽曲転送することも可能です。

 

しかしiPhoneiPodについては

iTunesの呪縛からは逃れられない訳で。

iTunes以外のソフトで

楽曲管理ができないわけではありませんが

iTunesとの併用が必要で

よく皆様使ってられるなと。

 

 

半年ほど頑張って使いましたが

自分はギブアップしました。

 

学習しろ俺

apple製品とは合わないと

過去にも思っていたのにも関わらず

また手を出してしまって。

やっぱりダメでした。

 

これはほんと

慣れとか相性の問題で。

一概にapple製品がダメだとは

言えないのですが。

 

少なくとも自分には合わないと

最初から気づくべきでした。

 

過去には購入してすぐに

ギブアップしたこともありまして。

今回はおよそ半年は使ってみたので

まだ頑張った方です。

 

 

WalkmanのA20シリーズは手放しておらず

メインのDAPとして使っているのは

変わらないわけで。

 

そもそもサブのDAP

iPod touchって贅沢過ぎましたね。

 

しかし勢いで

買い替えを決意します。

その顛末は

次の記事で。