これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。デジタルもの成分やや多め。

イオン銀行のMyステージがイマイチわからん

金融機関のサービス変更は珍しくないのですが

以前にこんなの書いていました

 

kance.hatenablog.com

kance.hatenablog.com

 

またもやイオンです

顧客の取引内容によって

サービスの優遇内容に差をつけるというのは

どこの金融機関でもやっていて

イオン銀行でもこの春から大きく変わりました

 

www.aeonbank.co.jp

 

クレジットカードの引き落とし実績だったり

外貨預金や投信の口座開設有無などが

条件になっていて

さらに取引内容毎にポイント(イオン銀行スコア)が

設定されていて

何ポイント達成したら

ステージが上がる

というような仕組みです

 

ただ一部の条件に変動要素があって

クレジットカードやWAONの月間利用額によって

そのポイントが変動してしまうのです

 

単純に預金残高が何円以上

とかであれば分かりやすくていいのですが

クレジットカードの利用残高って

意図的に調整するのって難しくないですか?

 

昨今のマイナス金利下では

普通預金や定期預金に

残高を置きっぱなしにするくらいなら

他のサービスを利用して欲しいというのが

本音でしょうから

使って欲しいサービスにポイントをつけているのでしょう

 

そして銀行口座だけでなく

クレジットカードやWAON

積極的に使って欲しいという思いもあって

それらの利用残高に応じて

ポイント付与しようということでしょうが

おかげで自分が結局どのステージになるのかが予想しづらい

 

しかも紛らわしいのが

ここでいうポイントは

クレジットカードの利用などで貯まる

ポイントとは違って

WAONに交換できたりはしません

ステージの決定のみに使用されるポイントです

 

そしてサービスが始まったばかりということで

現在、全員に最上位のステージを適用しているので

そのキャンペーンが終わったら

自分がどのステージになるのかもよくわからないという

 

自分の場合は何もしなくても

下から二番目のシルバーステージにはなるはずで

もう少し頑張れば

一つ上のゴールドステージも目指せそうですが

そのために無駄な買い物したり

余計な外貨預金の残高増やすのも本末転倒な気がするので

もう頑張らないことにしました

普通預金金利の優遇だけあれば我慢します

 

文句ばかり言っていますが

振込手数料の優遇がポイントでの還元から

指定回数まで手数料無料となったのは

わかりやすくなったので良いことだと思いますよ

 

他の銀行の話ですが

ソニー銀行がこれまで

セブン銀行イオン銀行での引き出しが

手数料無料だったのが

回数制限を設けることが発表されましたね

 

金融機関のサービスについては

常にチェックしておかないと

いつの間にか改悪されてたなんてことも

ありますからね

世知辛い世の中です