これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

プロバイダ側は無策ではないようですが(フレッツの混雑に関して)

 

さんざんフレッツについての

愚痴を書いて

自分は結局auひかりに避難した訳ですが。

 

IIJmioさんのてくろぐにこのような記事が。

ブクマしてコメントまで書いたことを

すっかり忘れてました。

 

てくろぐ: IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

もうフレッツ(光コラボ)に愛想つかしてmioひかり解約したゃったよ。今のフレッツの仕組みに根本的な問題あるってことなんだよね?

2016/04/21 23:59

 

混雑してる状況を認めて謝罪しているところは

一部のプロバイダでありますが。

光コラボの仕組みなど

ここまで詳しく説明した上に

回避策も提示しているところはなかなかないでしょうね。

(これ以降 IIJmio以外のプロバイダでも

 プレミアムプランなどと称した

 同様のサービスを提供するところが出てきましたね)

 

mioSIMが好調ということもあって

MNOとMVNOとの関係を例に挙げて

説明しているのはさすがです。

 

今までこのような記事を公開しなかったということは

状況を説明できても

効果的な回避策を提示できないから

だったのかもしれませんね。

 

惜しいのは提示されている回避策を利用するには

有料オプションを申込んでかつ

対応ルータを準備する必要があること。

 

てくろぐには難しいことがいろいろ書かれていますが。

原因はNTT局舎内にある

フレッツ網(NGN)とプロバイダ(ISP)との接続点が混雑して

輻輳状態になっていること。

というのは今までの認識と変わりはなくて。

 

都道府県毎に混雑状況が異なるというのは

フレッツ網(NGN)が各都道府県毎に構築されているためであって。

 

これはNTTの地域会社(NTT東日本・NTT西日本)が

他社とは異なり

NTT法(日本電信電話株式会社等に関する法律)によって

規制を受けているため

県域をまたぐネットワークを構築することができなかったのが

原因ではないのかと推測しています。

間違っていたらすみません。

 

ということで総合すると

てくろぐさんの記載を引用してまとめます。

 

同じISPでも都道府県によって混雑状況が異なる
NGN都道府県毎に別個に作られており、網終端装置も別々に設置されています。混雑している県・していない県によって混雑状況が異なります。
同じ県でも混雑しているISPと混雑していないISPがある
網終端装置はISP毎に別々に設置されているため、ISPによって混雑状況が異なります。
ブロードバンドルータを再起動すると、通信速度がある程度改善することがある
複数設置されている網終端装置で、混雑に偏りがある場合があります。PPPoE再接続により偶然混雑の少ない網終端装置に接続されると、通信速度がある程度速くなることがあります。 

 

根本的な回避策は

NTT局舎内の網終端装置(プロバイダとの接続点)の

増強になるわけですが

NTT局舎内にある装置なので

プロバイダからは増強の依頼を

することしかできない訳で。

 

この状況を改善するためには、網終端装置の台数を増やす必要があります。ですが、ISP側の希望だけで網終端装置の台数を増やすことはできません。IIJでも継続的に増設の希望は出しており、NTT東西と合意が取れた都道府県から順次増設を行っています。増設が完了するとある程度通信速度は改善するのですが、ご利用者が増えて通信が増えると再び速度が低下します。もちろんIIJからは再度増設の希望を出していますが、次の増設が実行されるまでの間は速度が低下した状態が継続してしまいます。 

 

これを前提にIIJmioが提示している回避策は

説明が難しいので

最初にリンクを貼った

てくろぐを参照いただくとして。

 

フレッツの仕組みはインターネットの仕組みから見ても

かなり特殊な構造らしいので

根本的に見なおしたほうがいいのじゃないのかと

勝手に思っているのですが。

 

NTTとしては

ADSLの普及を邪魔する勢いで

ISDNの時代から今の光回線の時代まで時間をかけて

フレッツ網を構築してきた訳で

そう簡単には覆せないのですかね。

 

そのおかげで

NTTのシェアはかなり高いと思うのですが

そのNTTのフレッツがこの状態っていうのは

日本のインターネット全体としてみても

かなりよろしくない状態なのではないでしょうか。