これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

音楽はダウンロード購入ではダメなんですかね?

どうも、休日はかなりダラダラすごしていますが。

やりたいことはできておりません。

とりあえず、先日録画した「小林賢太郎テレビ」を見ないといけないし。

今期、アニメで唯一見ている「僕らはみんな河合荘」も追いついていないし。

ヨーロッパ企画の暗い旅」は全然追いついていないし。

ジロ・デ・イタリアは佳境だし(もう本日最終日ですけれど)

 

前振りは本文には関係ない上に、

本文もかなり話が迷走しますがご容赦を。

-----------------------------------

 

さて、先日

「ダウンロード購入じゃなくて、CDを買って貰わないと制作費が賄えない」

なんて話がネット界隈を賑わしておりました。

それに関連する話のリンク貼ろうかと思ってたのですが、

結局ブクマすらしていなかったので、もういいやという感じで。

 

なんか、違うよなー。って話。

違法ダウンロード禁止ってしたところで、

劇的にCDの売り上げが回復するわけではなく。

そもそも、購入する気のない人は違法ダウンロードはするだろうし。

購入する気があれば、手段はともかく購入はしますよ。と。

 

格好つける気はありませんが、自分は後者で。

ただ、アルバムならともかくシングルはもうダウンロード購入でいいよ。

というのが本音ですね。

CDばっかり溜まっていくと、置いておく場所にも限界があるのですよ。

特にシングルはムダに価格も高いし。

 

そもそも、CDは再販価格維持制度の問題やら。

抱き合わせ商法やら。

なんか、よくわからなくなっていますよね。

店舗によってはCD単独の通常版より、

DVDがついてくる限定版の方が安く購入できるとかね。

 

抱き合わせに関しても、魅力のあるものならみんな買いますよ。

やり方としてはどうかと思うものの、AKB商法も一つのやり方でしょう。

 

どうも、音楽ビジネスだけは旧来の枠に捕らわれすぎなんじゃないかと。

ユーザーのニーズを無視し続けると見放されますよ、ホント。

 

極端な例ですが、

今や新聞が「終わったメディア」に見えてしまっている現実と

重ね合わせてしまいます。

 

-----------------------------------

 

そんな話の中、あれだけ散々文句を言っていたmoraで

また音楽のダウンロード購入をしたのですよ。

 

最初はCDレンタルしようかと思ったのですが。

・レンタル屋のカード更新を放置中

・シングルをレンタルするくらいなら、

 ダウンロード購入しても金額的にそれほど変わらないのでは?

ということで、ダウンロード購入に決定。

 

あと、前回使い切ることが出来なかった残高を

使いたかったからというのもありまして。

でも、残高300円に対して、購入したのが257円とかだったので、

43円残ってしまいましたが、もうどうしていいのかわからないので、放置。

残りは、クレジットカード決済で購入。

やっぱり、moraはわけわからんです。

 

 んで、購入したのはこれら。

 

いつかの、いくつかのきみとのせかい

いつかの、いくつかのきみとのせかい

 

 

 

My Sweet Shelter

My Sweet Shelter

 

 

 

単純に「僕らはみんな河合荘」のOPとEDでした。

すみませんでした。