読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

KKP ノケモノノケモノ

行ってきましたよ。

きちんとした?芝居はしばらく振りです。

一応先行予約で取れたものの、休日で競争率が高かったのか、

席は1階最後列。

ま、別にいいんですけどね。

 

前回もそうだったのですが、

前情報をほとんど入れずに観に行ったので。

どんなお芝居なのか未知数。

TEAM NACSの音尾さんを筆頭に

役者さんが複数人出演するってことくらいしか。

 

一緒に行った相方が

「ずっとシリアスな話なんて事無いよね?」

小林賢太郎さんは役者としても出演するよね?」

とよくわからない心配を。

 

物販で「たべっ子どうぶつ」が売られていましてね。

なぜなのかとっても疑問だったのですが。

それは芝居を見れば「そういうことなのか」と。

 

下手に買ってしまうと、

食べるのがもったいなくなりそうだったので、

購入は断念。

相方は「パンフレットがあれば買っていたのに」と

こちらもグッズ購入は断念。

 

簡潔に言うと。

一見普通の?お芝居に見えて、

あっという間に小林賢太郎ワールドに連れて行かれました。

毎度の事ながら舞台装置の使い方も絶妙。

 

ストーリーを長々と書くわけにも行かず。

芝居ばかりは観て貰うしかないのですよね。

乱暴に言えば、絵本の世界に連れて行かれたような感じ。

ファンタジーと表現する人もいるでしょうね。

「自分とは何なのか」

なんてことを考えさせられる話でもあったかもしれませんね。

 

最後列だったおかげで近くに音響卓(もしかして照明卓?)があったり。

BD・DVD撮影の回ではなかったのですが、

記録用と思われるビデオを回していたり。

本当にどうでもいいことが気になりました。

 

しかし、芝居のできの良さなのか、

お客さんの熱のすごさなのか。

アンコールが、ダブルどころか、

3回も4回も呼ばれてました。

まぁ今回はそれくらいの出来だったとも言えそうですね。

 

やっぱり、もうちょっと芝居観に行かないといけないなぁ。