これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。デジタルもの成分やや多め。

chipoloを買ってみた

スマートタグを物色してみる

頻繁に

忘れ物、落し物をするタイプでも

ないのですが

ときたま

「あれ、どこいった?」

みたいなことがあります

 

家の鍵など

失くすと面倒なものもあります

 

そこで

最近ちょこちょこ話題になる

スマートタグを試してみようかと

思い立ちまして

 

早速調べてみたのですが

数が多くて

どれにしたらいいのか

迷いに迷いました

 

自分の希望条件としては

  • 「モノ」を無くしたときに役立って欲しい

  (お子様やペットなどの迷子対策は意識していない)

  • 電池交換を自分でできるものが良い
  • 本体(タグ)がコンパクトなもの
  • スマホのアプリが使いやすいもの

 

という感じなのですが

これらを全て満たすものは

なかなかありません

 

候補としていくつか調べたもののうち

最終的に絞り込んだ

3つくらいを列挙してみます

 

  日本製?

  本体はそこそこ大きい

  電池交換可能

  スマホからもタグからも

  双方向でブザーを鳴らせる

 

qrio.me

 

  • MAMORIO

  日本製?

  本体は小さい

  電池交換が自分でできない

 

mamorio.jp

 

  • chipolo

  スロベニア

  本体はそこそこ大きい

  電池交換可能

  ※電池交換可能なのは非防水のClassic

   防水のPlusは電池交換不可

  スマホからもタグからも

  双方向でブザーを鳴らせる 

 

www.chipolo.jp

 

自分の使い方だと

タグが結構小さくて

鍵の束にもつけやすそうな

MAMORIOはかなり魅力的だったのですが

 

自分で電池交換ができないのが大きなネック

公式には1年程度持つと記載はありますが

実際には1年も持たずに、電池切れになった

なんて話をみかけると

ちょっとためらいます

 

Qrioについては

電池交換が可能なのは魅力ですが

本体の大きさがそれなりにありそうなのと

本体がもろい(壊れやすい)

というようなレビューをみかけて

これまたためらいました

 

ソニーがデザインした

なんて謳い文句ですが

カラーがポップなだけで

デザインは特に良いとは感じませんね

最近はQrioSmartLockの方が話題になっているようです

 

そして

chipolo

これまた

本体が結構でかそうなのが難点ですが

電池交換可能なのは魅力です

 

そして他の2つに比べて

スマホアプリの使い勝手が良いのかな?

という印象を抱いたのが決め手になって

chipoloを試してみることにしました

 

GPSを登載しているわけではない

勘違いする人もいそうなので

一応書いておきますが

今回例として挙げたようなスマートタグの場合

タグそのものに

GPSが登載されている訳ではありません

 

あくまで

Bluetoothで接続した

スマホの位置情報を利用しているだけです

 

なので

ペットやお子様の迷子対策などを

考えておられている方は

そのあたりの仕組みを

理解した上で購入しないと

「思っていたのと違う!」

となる可能性があります

 

これらのスマートタグは

「他の人に探してもらえる」

というようなことが書かれていることが多いです

 

しかしタグ同士が通信をしているわけではなく

他の人のスマホが代わりに

通信をしてくれるという仕組みです

 

つまり同じスマートタグを使っている人が

スマホを持って

落し物のそばを通ってくれないと機能しないので

あまり大きな期待をしない方がいいと思います

 

そういう意味では

例に挙げた

Qrio、MAMORIO、chipoloを比べると

chipoloは一番不利そう(ユーザーが少なそう)な印象です

 

自分はこの機能はおまけ程度と考えて

落とした場所

=最後に通信ができていた場所が

わかればラッキー

くらいに思うことにしました

 

chipoloを使ってみた

わかってはいたのですが

いざ実物を手に取るとやっぱり

ちょっと大きい

 

直径およそ3.5cmなので

500円玉よりも大きいです

厚みもあります

 

それでも

もっと大きなスマートタグもあるので

今のところはこの辺りの大きさが

妥協点でしょうか

 

ボタン電池が同梱されていたので

「自分でボタン電池入れるの?」

と思って本体開けてみたら

すでにボタン電池が入っていました

同梱されていたのは

予備電池だったんですね

 

ボタン電池なんで

それほど高いわけではないですが

予備電池があるに越したことはありませんね

 

タグの開け閉めは

爪を引っ掛けるための

わずかな隙間があるのですが

壊してしまいそうで

ちょっとドキドキしました

 

あと、逆に元に戻すのがちょっと難しくて

手間取りましたが

頻繁に行うのでなければ

特に問題ないんじゃないですかねという感じ

 

キーホルダーとして利用するためのリングも

付属していますが

やや固めなので

先ほどの本体の開け閉めやら何やらしてたせいもあって

怪我って程ではないんですけど

爪というか指を少し傷めました

 

アプリは想定どおり直感的で使いやすいです

日本語へのローカライズも問題なく

それほど違和感を感じません

 

まずはスマホを登録するために

アプリのセットアップが必要で

ユーザー登録のようなものが必要なのですが

googleアカウントかfacebookアカウントがあれば

それを使ってサインアップすることも可能です

 

自分はgoogleアカウントで登録しました

それらを使わない場合は

メールアドレスなどを登録することになるようです

 

タグの最初のペアリング(所有者登録)も

アプリの指示通りに

タグをスマホの近くにおいて操作したら

迷うことなく終わりました

ついでにタグのファームウェアアップデートも行われたようです

 

二日目にして不調?

 

お試しといいつつ

chipoloを二つ入手してまして

 

初日は敢えて一つを自宅に置いたまま

家を出ました

 

出かけるときにバタバタしたので

出かけた直後の

通信状況を確認することはできなかったのですが

 

置いていったほうのタグは

いつ途切れたのか(何時間前か)

というのと

最後に接続できていた場所(自宅)の

情報が記録されていました

 

ちなみに

自宅などでWifi接続をしている場合は

「指定ロケーション」という機能で

「自宅」などの名前をつけて

保存することができます

 

デフォルトの名前はSSIDになっていますが

変更も可能です

MACアドレスが表示されているので

アクセスポイント(ルーター)のMACアドレス

判別しているのですかね

 

二日目はタグを二つとも持って出かけたのですが

出先で

そのうちの一つのタグが

接続されていない(通信できてない)

状態になっていることに

気づきました

 

しかも最後の接続時刻が

前日の夜中になっていて

自宅で接続が切れたまま

それ以降一度も接続できていないようです

 

アプリの画面を引き下げると

再接続を試みるようなのですが

それでもダメ

 

調べてみると

どうやら既知の不具合があるらしく

Bluetoothオフ→アプリ終了

→2分ほど待つ→Bluetoothオン→アプリ起動

で解決するとのことで

その通りにすると

解決しました

 

うーん

しかしこれは

頻繁に起こると辛いですね

例えばタグをつけたものを落してしまったとして

最後に接続できていた場所がわかれば

せめてもの手がかりになるのに

 

今回のケースだと

自宅で落としたことになってしまって

スマートタグをつけている意味がなくなってしまうことに

 

対策としては

頻繁に接続状況を確認するか

定期的に

Bluetoothオフ→オンを実施する

もしくは

こまめにスマホ本体ごと再起動するとか

しないといけない気がします

 

でも、こういうのって

普段は使っていることを意識しなくても

いざっていうときに

思い出して使うことができるのが理想だと思うのですが

接続状況を気にしつつ

使わないといけないのは

ちょっとイマイチな気がします

 

手元から離れたときの通知がない

この手のスマートタグには

スマホとタグの通信が途切れた際に

スマホに通知が来る機能があったりするのですが

 

アプリを一通り触っても

そのような機能が見当たりません

WEBで調べてみると

そういう機能がありそうにも見えるのですが

見つけられません

 

もしかしたら

先ほど書いた

既知の不具合などがあって

「実際には手元にタグがあるのに

 接続が途切れて通知が来てしまう」

というような事態が頻発してしまうので

機能削除したのでは?

という推論を立てました

 

実際、他のスマートタグの

アプリの使い勝手を調べてみると

「手元にあるのに通知が頻繁に来る」

ということで

ネガティブな評価をしているのをみかけたので

同種のスマートタグの課題なのかもしれません

 

持っていかないといけないものを

家に忘れそうになったときに

役立ちそうと思ったのですが

そういう使い方はできないと

諦めるしかなさそうです

 

スマホ側のバッテリー消費は許容範囲か

 

アプリとタグはBluetoothで頻繁に通信をすることになるし

アプリでは位置情報を取得しつつ

サーバーとの通信なども行っていると推測されます

 

そのおかげでAndroidOSから

バッテリー消費の警告が通知されたりして

スマホのバッテリー消費を心配していたのですが

思っていたほどには消費しないようです

 

自分はBlueMailというメールアプリを使用していて

それなりの頻度でメール確認のための通信をするので

バッテリー消費の原因にもなっているのですが

そちらの方が消費量が大きいくらいです

 

価格がネック?

 

価格はタグ一つあたり

4000円弱と

決してお安くはありません

 

とはいえ

同種のスマートタグでも

3000円から6000円程度

だと思われるので

現時点では妥当な価格なのでしょう

 

もっと安いものも

探せばあるようですが

品質も安いなりのレベルって感じで

不満を感じて

結局他のものに乗り換える

ことになるのなら

もったいないかな

 

手持ちのアフィリエイト

Amazonしかないので

Amazonのリンク貼ります

 

 

Amazonでは

正規輸入品と並行輸入品とが混在しているようです

 

並行輸入品でも

モノは同じはずなので

問題なく動作すると思われますが

そのあたりは自己責任で

 

アフィリエイトなんか踏みたくないぜ」

などという方は

この記事上部のchipoloのリンクか

ご自分で

「chipolo」などのワードで検索して

chipoloのWEBサイトで詳細をご確認ください

正規取扱店の記載もあります

 

自分は最初

並行輸入品でもいいかな

とも思ったのですが

極端に安い訳でもなさそうだったので

結局、通常のもの(正規品)を購入しました

 

現状では落し物をしてしまったときに役に立つかも?ツール

 

既知の不具合などがあるのは

ちょっと悲しいですが

恐らくそれは

他のスマートタグでも同様なのだろうなと推測されます

アプリの出来に関しては

最低限の機能に絞って

わかりやすく作られているので

困ることはないかなという感じ

 

自分があまり使わなさそうなので

ここまで触れませんでしたが

スマホアプリからタグの音を鳴らしたり

逆にタグのボタンを押して

スマホの音を鳴らすなんてことも出来ます

家の中で「どこ行った?」なんてときには使えそうです

 

あと、自撮り用として

タグをスマホのシャッターボタンとして使えるようですが

そもそも自撮りなんかほとんどしないので

たぶん一生使わない機能ですね

 

とりあえず

万が一落としてしまったときに

落とした場所がわかるかもね

という

「もしものときのためツール」

としてしばらく持ち歩いてみようと思います