これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

続けてMNP転入手続(mineo)

 

無事にドコモで

MNP予約番号を取得できたので

 

kance.hatenablog.com

 

そのまま続けて

転入手続を実施。

 

mineoへ転入します。

 

実は自分はすでに

mineoのデータ通信専用simの契約があり

eoID取得済なので

一部の入力を省略できます。

 

パケットシェアなどのしやすさを考えて

新たにeoIDを取得するという

選択肢もありますが

面倒そうなので

すでに登録済のeoIDで

新規契約を追加する方法にしました。

相方は全くの新規申し込みなので

eoID新規取得になります。

 

もう少し待てば

キャンペーンでエントリーコードを

2つほどもらえるようですが。

現時点ではまだ送られてきておらず

相方が早く移行したがっていたので

予めmineoのエントリーパッケージを入手し

それに記載のエントリーコードを使用。

 

先月辺りから

家電量販店やamazonなどで発売されている

エントリーパッケージの価格が

かなり下がっているように思うので

気になる方は事前に入手しておくと

新規事務手数料を少しだけ安く出来ます。

とはいえ

価格は頻繁に変動しているようなので

ここで明記することは避けます。

 

  

他社にあるような

simカードが同梱されているタイプではなく

エントリーコードが記載されているだけなので

WEBでの申込が完了しても

すぐには使用開始できず

simカードが送付されてくるのを

待たないといけません。

 

急ぐのであれば

アンテナショップや

即日契約を受け付けている家電量販店へどうぞ。

 

ちなみに

アンテナショップは

月末や休日はかなり混雑するみたいです。

特に休日だと昼過ぎには

当日の受付が終わってしまうこともあるそうです。

mineoのホームページで

当日のアンテナショップの

混雑状況が表示されているので

そちらも参考に。

逆に平日だと

エントリーパックの割引キャンペーンを

やっていることもあるようですよ。

 

自分はヨドバシカメラ

エントリーパッケージを入手したのですが

ヨドバシカメラ mineoコーナーでの

 ご契約時にはご利用いただけません」

との注意書きがありました。

ヨドバシカメラでの

即日契約を考えている方はご注意を。

 

WEBでの申込の流れは

公式サイトに書かれている通りに進んでいきます。

(当たり前ですが)

 

mineo.jp

 

エントリーコードが手元にあるならば

最初に入力。

(なくても可)

 

コース選択ですが

申し込み時点では

すでに決めている人が

ほとんどでしょうかね。

 

mineoの場合

docomoプランかauプランか

選べるので間違えないように。

自分たちは

現在docomoで使用している端末を使うので

docomoプラン1択。

なので、端末購入もなし。

 

端末購入をしない場合は

simカードのサイズも間違えないように

しないといけません。

うちの相方は

SDカードのサイズと混同していて

きちんと把握していませんでした。

比較的最近の(キャリア)端末であれば

nano simが多いでしょうね。

 

自分でsimロックフリーの端末を用意する場合は

新しい端末でも

micro simの端末がそれなりにあるので

要注意ですね。

 

mineoの動作確認済端末一覧ページには

simカードサイズの記載もあるので

不安な方はそちらでご確認を。

 

mineo.jp

 

途中で事前に取得した

MNP予約番号を入力します。

予約番号取得の記事でも書きましたが

ここで必要なのは

携帯電話番号ポータビリティ予約「予約番号」

の方です。

 

mineoでWEB申込をする場合

予約番号の有効期限が

10日以上残っている必要があります。

※アンテナショップで申し込む場合は

 もう少し短くても大丈夫なようですが

 5日くらいの余裕は欲しいです

 期限が迫っている場合は

 一度取り消して再取得した方がいいと思います。

 

あとは転出元と転入先で

名義が同じである必要があるので

契約者と利用者が異なっていた場合は

要注意。

支払に使用するクレジットカードも

契約者と同じ名義である必要があります。

 

契約者情報の入力については

自分の場合は

eoIDに紐付いている

登録済情報があるので

それをそのまま使用することができます。

 

相方はeoID新規取得になるので

個人情報の入力

クレジットカード情報の入力

eoIDとパスワードの設定

メールアドレスの登録

などが必要になりました。

※メールアドレスは

 PCやスマホで受信できるもの

 GmailやYahooなどのアドレスでOKです

 

一定の条件に合致すると

本人確認書類の画像データの

アップロードが必要になります。

基本的に音声通話(090)プランで

申込をする場合には必要です。

 

自分はスキャナを所持しているので

それで本人確認書類を

スキャンした画像を

アップロードしておしまい。

 

アップロードが困難な場合は

郵送する方法もあるようですが。

スキャナを持っていなくても

携帯電話などのカメラで撮影したものを

アップロードしてもよいようなので。

可能であれば

アップロードで済ませた方が

手っ取り早いと思います。

 

最後に

eoID新規取得の場合は

登録したメールアドレスに

届いたメールに記載された

URLをクリックすることによって

申し込み完了となります。

 

MNPの予約番号取得と

新規申込(MNP転入)と

二人分合わせて

約30分で終わりました。

 

やっぱり、WEBの方が楽ですね。

あらかじめ何が必要なのか

調べておくと途中で戸惑わなくて済みます。

 

長々書きましたが。

上の方に貼った

公式サイトのページ見たほうが

コンパクトにまとまっていて

わかりやすいかもしれませんね。

 

 

すでにデータ通信専用simを使用しているので

それを使用した感想なども書いたほうが

参考になるとは思うのですが。

端末の使い勝手にも影響されるので

うまくまとめられなくて。

これまで記事にはしていませんでした。

 

いくつか、簡潔に書きますが。

これを書いている今現在

加入者の増加に伴って

他のMVNOと同様に

昼休み時間帯や夕方の時間帯では

通信の混雑が発生しているようです。

夕方の混雑は

docomoプランの方が激しいようですね。

 

king.mineo.jp

 

mineoのデータ通信専用sim

docomoプラン)は

主に休日に外に持ち出す

simロックフリータブレット

使用しています。

 

確かに夕方の時間帯で

通信の混雑のせいかな?と思われる

速度低下を感じたりはしています。

 

ただ、そのタブレットのスペックも

それほど高い訳ではないので

どちらの問題なのかを

切り分けるのが難しかったりします。

 

今度はメインで使用している

スマホで使用することになるので

また感じ方が変わるかもしれません。

 

(後日追記)

その後こんなのが。

しばらくは混雑しては増強の繰り返しになるのですかね。

king.mineo.jp

(追記終わり)

 

最後に。

この記事では自分はWEB申し込みにしたので

そちらを中心に書きましたが

アンテナショップに関することも記載しています。

その内容は申し込み前に

たまたまアンテナショップに立ち寄った際に

ショップの方に説明していただいた話などを元に書いています。

その節はご丁寧にありがとうございました。

何気なく立ち寄ってしまったのに

事細かに説明していただいて。

ここまで丁寧に説明してもらえるのなら

こっちもちゃんと質問を用意して行けばよかった

と思ったくらいです。

結果的にWEB申し込みにしましたが

大変参考になりました。

 

 

さらにおまけ。

Amazonギフト券がもらえるキャンペーンが

行われていますので宜しければ。

mineo.jp