読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

マネーフォワードとZaimを行ったり来たり

 

以前はオフラインの家計簿ソフトを

使用していたのですが

さすがに時代遅れになってしまって。

 

オンライン系の家計簿サービスを探して。

定番のZaimとマネーフォワードで

悩むことになり

結果行ったり来たりしています。

詳細は記事を分割して書きましたが

今現在は

マネーフォワードの無料版に

落ち着いています。

 

kance.hatenablog.com

 

kance.hatenablog.com

 

二つ目の記事は

途中から

マネーフォワードの有料プランへの

不満をただただ書き連ねるだけに

なってしまいまいした・・・

 

今の素直な感想

◯ Zaim

 家計簿データの手入力の使いやすさは

 WEB、スマートフォンアプリともにZaimの圧勝

 

 アカウントアグリゲーションサービスは

 それなりに頑張っていると思いますが

 マネーフォワードにはやや劣る印象

 

 あくまで

 家計簿サービス=お金の出入りの管理に

 注力しているので

 証券会社等には未対応

 銀行でも取得するデータは

 普通預金のみだったりする

 

 アカウントアグリゲーションでの

 自動取得データであっても

 手入力データであっても

 入力済データの検索、修正については

 使いづらいと感じるので

 改善要かな

 

◯ マネーフォワード

 家計簿データの手入力は

 WEB、アプリとも

 直感的にはできないので

 お世辞にも使いやすいとは言えない

 慣れればなんとか使えるかな

 というレベル

 

 特にスマートフォンアプリの使い勝手は

 家計簿データの入力のモチベーション維持にも

 影響すると思われるのに

 直感的に使えなくてイライラするうえに

 有料プランへの誘導がしつこくて

 さらにイライラが募ります

 ぜひとも改善していただきたい

 

 一方アカウントアグリゲーションについては

 対応金融機関も多く

 取得データの項目振り分けも

 ある程度自動で行ってくれるので便利

 取得あるいは手入力済データを

 修正する場合もWEBで行えば比較的簡単

 

 こちらはZaimと違って

 資産全体の管理が意識されているので

 証券会社で取り扱うような

 各種金融商品も取得対象になっている

 

※レシート撮影データ取り込みは

 使用していないので未評価

 

というわけで

とにかく、お金の出入りを管理したいのであれば

→ Zaim

アカウントアグリゲーションサービスを活用して

各種口座を含めた資産管理をしたいのであれば

→ マネーフォワード

ってところでしょうか。

 

アカウントアグリゲーションについて 

自分の場合は 

そもそもの前提条件として

アカウントアグリゲーションは

利用したいというのがありました。

金融機関のサービスのIDとパスワードを

預けることになるので

「パスワードを預けるなんてあり得ない!」

って人は最初から

オンライン家計簿サービスの利用には向いていません。

 

現金主義で

あまりクレジットカードなどを

利用しない人であれば

マメに手入力することで

うまく利用することは

できると思いますが。

 

サービス提供側もバカではないので

そう簡単にはクラッキングされないように

セキュリティは考慮しているでしょうし

 

できるだけ残高照会のみで済むように

振込などが出来てしまうような

不必要な情報はそもそも取得しないなどの

工夫がされています。

 

金融機関のサービスの提供形態によっては

取引に必要な乱数表などの内容を

全て入力しないといけない

ケースも出てきてしまいますが。

そういった場合は

アカウントアグリゲーションサービスは利用せず

あえて手入力で対応するという

自衛策を取ることも必要ですかね。

 

そういったセキュリティ面の

心配はありますが

こればかりは利便性との

トレードオフです。

 

 

自分はあまり現金を持ち歩きたくないので

可能な限り、現金ではなく

クレジットカードや

電子マネー決済を利用しているので

アカウントアグリゲーションサービスで

お金の出入りのほとんどは

自動的に取得されます。

 

あとは、現金での支払などを

手入力で追加するだけなので

オフラインの家計簿ソフトを

使用している時と比べると

家計簿の入力が格段に楽になりました。

 

ただ、すべてを家計簿サービスに

頼っていると

クレジットカードの利用残高を

把握しにくくなります。

※クレジットカードの利用明細が

 WEBサービスで参照できるようになるまで

 一定のタイムラグが発生してしまうので

 

なので、クレジットカードの利用残高が

どの程度の金額になっているのかは

常に把握するようにして

引き落とし口座の残高が

その金額を下回らないように

気をつけています。

 

そこが二重管理になっている気もしますが

ようやくマネーフォワードにも慣れてきたので

文句を言いながら

しばらくは使っていけそうです。

 

あとは、別記事にも散々書きましたが。

有料プランの要らない機能を削ぎ落として

競合他社レベルの200~300円/月程度になってくれれば

有料プランへの移行も検討してもいいかなという感じ。

 

有料プランへの誘導が露骨過ぎて負けそうになるのですが

しばらくは無料プランで頑張ってみます。