これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

NTT光コラボ(フレッツ)に限界を感じている現状を書く(その1)

 

NTTのフレッツ光(後に光コラボに転用)を

使い始めて2年を超えましたが

もう限界です。

 

フレッツ関連の話は過去記事でいくつも書いていますが

リンクを貼るのも面倒なので省略。

これから過去記事にも書いたかもしれないような

愚痴が延々と並びますがご容赦を。 

 

そもそも最初の導入時も

マンションまではフレッツが来ているから

簡単かと思いきや

電話でのやり取りが度々必要で

電話も工事も平日の昼間しかダメだったり

いろいろと面倒な事態が発生。

 

挙句の果てには工事には関係ない

ひかりTV勧誘のためだけの電話が

何度もしつこくかかってくる始末。

 

使用開始後も代理店からの勧誘電話の嵐にうんざり。

しかも単なる代理店のくせに

「NTTの~」「OCNの~」と

当たり前のように

通信会社やプロバイダの名前を名乗るっていうね。

何年も前から問題になっている話ですけど

一向に改善される気配はありませんね。

 

そもそも悪質な勧誘をする代理店が悪いのですが

それを放置しっぱなしの通信会社も

いかがなものでしょうか。

 

恐らく契約時に同意させられる約款に

勧誘のための情報提供が行われる旨の

記載があるのでしょうが。

そもそも個人情報が当たり前のように代理店に流れる

という現状がダメだと思うのですよ。

 

一応、NTTの地域会社やNTTコミュニケーションズ

勧誘停止依頼をすることは可能なのですが。

どれくらい実効性があるのか怪しいし

最初から勧誘が来ないようにして欲しいです。 

 

そんな不満はあったものの 

ネット接続については

しばらく問題なく使用していましが

いつの間にか

夜間に

「これはアナログ回線のダイヤルアップ接続なのか?」

というくらいの速度低下が発生するようになりました。

それが輻輳(フレッツ網とプロバイダの接続点の混雑)が

原因であると気づくまでには

かなり時間がかかりました。

 

当時プロバイダはOCNでしたが

他のプロバイダと比べても速度低下が酷すぎて

とても解消するようには思えなかったので

IIJmioのFiberAccess/NFを追加契約して乗り切ったものの

NTTの地域会社に払うフレッツの料金と

OCNへのプロバイダ料金に加えて

IIJmioのプロバイダ料金が追加になるので

かなり割高感を感じていました。

 

そして光コラボの登場です。

どんどん長くなるので続きは別記事で。

 

 

kance.hatenablog.com