読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

単なる一顧客として三菱東京UFJ銀行に物申したい

雑文 finance

大げさなタイトルですが

ちょっとした愚痴です。

 

ATMもメガバンク三行の中では

一番お金かけているんじゃないのかなとか

勝手に想像していたりするのですが。

不満があります。

 

お金を出金するときのお話。

出金のときはキャッシュカードが必須なので挿入する。

通帳も持参していれば、通帳も挿入する。

金額などなど入力して、無事に出金。

 

のはずが。

「紙幣」「キャッシュカード」「通帳」を

全て一気に返却してくるんです。

どれから取ったらいいのかわからず

まず紙幣を取り出して財布に入れようとしていると

数秒も経たないうちに警告音が鳴り響き

警告アナウンスまで流れるので

余計に焦ってしまいます。

 

いやさ、手が何本もあるわけじゃないし。

返却されたものを

財布なりカバンなりに入れる時間もかかるのだから

数秒も経たないうちに警告音鳴らされても困るんです。

もう少し考えていただけないものかと

毎回腹立たしく思います。

 

中にはお金だけ取って

キャッシュカードを忘れるような人もいるだろうから

そういうのを防ぐためなのかなとか想像するのですが。

警告音を鳴らさずにすべて取り出すのは

不可能なのではないかと。

これ、実際にテストしたのかと疑いたくなるレベル。

 

一方セブン銀行のATMだと。

ちょっと古めの記事ですが、こんな感じ。

 

news.mynavi.jp

 

メガバンクといわゆるネット銀行を

単純比較はできないのかもしれませんが。

確かにセブン銀行のATMのUIは良く出来ているなと思います。

三菱東京UFJ銀行(名前が長い!)のATMを利用している時のような

不満を感じることがありません。

 

メガバンクから見れば

ネット銀行なんて相手にもしていないかもしれませんが

セブン銀行にできていることが

なぜ三菱東京UFJ銀行にはできないのですか?

とか思っちゃったり。

「メガ」が故にできることが制限される

っていうのは理解しますがね。

 

話が変わって。

インターネットバンキングでのお話。

最近はやれウイルスだの詐欺だのいろいろあって。

不正利用が後を絶たないようで。

ログインするたびにやたらと

「ウィルス対策ソフト『Rapport(ラポート)』のご案内」

をしてくるのです。

今調べたら2週間に一回位の頻度でしつこく薦めてきます。

 

自分は家計簿ソフトで

アカウントアグリゲーションを使用しているので

家計簿ソフトから自動で残高を取得しにいくのですが

この手のメッセージのために自動取得ができず

何度も手動でログインをする羽目になります。

 

以前ゆうちょ銀行で同様に

PhishWall(フィッシュウォール)とやらを薦めてきて

しつこいから試しにインストールしてみたものの

ただただIEが不安定になるだけで

何も嬉しくなかったので

すぐにアンインストールしてしまいました。

 

ラポートとやらも一度試してみてもいいかなとは思いつつも

結局同じようなことになるだけなのかなと思ったり。

一応、一般的なウイルス対策ソフトは入れているしなぁ。

 

最近はワンタイムパスワードが流行りなので

そろそろ考えようかなと思ったのですが

ここでもまた不満が。

 

ちょっと長くなったので続きは別記事にします。