読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

大晦日の風景

 

ひとつの記事で書ききれなかったので。

これのつづき。

 

年末の風景 - これはブログなのでしょうか

 

--------------------

大晦日。

夕方まで家でだらだらしていようと思っていたものの。

どう考えても年賀葉書が足りなくなることに気づく。

 

--------------------

 

近所のコンビニにでも売っているよねと思いつつ。

あまり枚数を出さないので

葉書を買いすぎても、結局余らすことになるな、と。

と、お年玉くじ付き年賀切手っていうようなものが存在することを思い出す。

切手ならばもし余らせても、そのまま別の郵便物に使いやすいかも。

よし、それを買いに行こう。

 

--------------------

 

しかし、さすがにそれはコンビニでは売っていないと思われる。

とはいえもう大晦日。

郵便局は開いていないだろうし・・・

と、少し距離はあるものの、時間外窓口がある郵便局があったよな。と。

日本郵便さんも年賀葉書の販売には必死だろうから

必ず売っているはず。

 

寒さに負けじとスクーターで移動。

意外と道路は空いていました

ショッピングセンターやスーパーの近所はわかりませんが

すでに大晦日になると、移動する人は

もう移動し終わっているのですかね。

 

--------------------

 

予想通り、入り口の前で年賀葉書売ってました。

しかし、切手は中にしかない。とのこと。

中に入ると、時間外用の窓口ではなく、

通常の窓口を開けて対応してました。

でも、そこそこの行列。

 

色んな人が並んでいます。

・書留を出す

ゆうパックを出す

レターパックを出す

・切手の交換を申し出ている

・ペットを連れている

最後がなんかおかしいですが

当たり前のようにペットの犬を連れて窓口でずーっと話をしている人がいて

ちょっとびっくり。

介助犬の類ならともかく、

こういうところに当たり前のように犬連れて入るってどうなの?

と思いつつ。

 

そして、その人が切手の交換を申し出ているのですが

窓口の人との話が全然かみ合ってなくてなかなか終わらない。

「あなた(窓口の人)にまかせる」とか言いながら

言うことがコロコロ変わったり。

ってか、急いでいそうな雰囲気でもなかったので

それわざわざ大晦日に来る必要があった?

とこれまた大きなお世話ですかね。

 

あとは、レターパックで荷物を送ろうとしている人が

小さい方に入るか入らないかで時間がかかっていたり。

レターパックは二種類あって、サイズ制限やら料金やらが違ったりします

書留かゆうパックかを送ろうとしている人が延々と窓口で何かを話していたり。

とまぁ、窓口を4つ程空けて対応がされていたのですが

列が全く進まない。

 

ようやく、順番が来て、切手を所望。

くじ付きの方は寄付金付きのみになるようで

1枚あたり52+3=55円でした。あっさり入手して終了。

ちなみに82円のものもありました。

封書で出すときに使うことができるってことですね。

 

通常の切手・葉書の交換には1枚当たり5円かかるなので

結局同じようなことになるか、と。

でも、そもそも枚数少なめなので

どっちもどっちかな。と思ったり。

 

最近は手紙や葉書を出す機会もめっきり減りましたが

日本郵便さんも国営・公社時代からいろんな商品・サービスがあるので

いろいろ調べてみるといいですよ。

って、これ単なる日本郵便の宣伝記事になっているぞ。

 

個人的にはもう年賀状も余り出さなくなっているというのに。

 

ここから、さらにいろいろあるのですが。

面倒なので多分これ以上はここには書きません。

今年はこれで書き納め。

良いお年を。