これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

WiMAXに振り回されるの巻

 

先日こんなのありまして。

張り切って申し込んだのですが。


GMOとくとくBB WiMAXが1年間月額399円(税抜)の究極割!超お得なGMOインターネットのプロバイダーサービスです。

 

すぐに限定数に達したようなので

その旨の記載があるのですが。

数日後にこんな発表が。

 


UQのWiMAX2+が15年春から下り最大220Mbps! WiMAXの速度は1/3に - 週アスPLUS

 

GMOとくとくBBのプラン(キャンペーン)が端末込みで

あまりの安さだったので、

端末の在庫処分の意味合いもあったのだろうなとは

思っていたものの。

これはもうなんと言っていいのやら。

 

対象になっていたWM3800Rは

以前からちょっと気になってた端末だったんですよね。

WiMAX2+が主流になろうとしていく中では

時代遅れになるかなとは思いつつも

とりあえず1年くらいなら十分だろうし。

そこで解約しても

それ以降は必要なときだけ

本家のUQWiMAXの1DAYを使うのも

ありかなと考えていたのですよ。

 

でも、早くも半年後から

WiMAXサービスは縮小の方向に向かうようで。

かといってWiMAX2+は速度はともかく

料金を考えるとそれほど魅力はないと思っているので、

今後を考えると無理にWiMAXを使うこともないのかなと。

 

さすがにこれはタイミングとしてよろしくないと考えたのか

問い合わせが殺到したのか。

GMOとくとくBBさんの方でも今回のキャンペーンは

なんと申込キャンセルを受け付けるとのこと。

短期的にみれば決して損なサービスではないのだけれども、

キャンセルさせてもらうことにしました。

 

今回ばかりは

GMOとくとくBBさんも気の毒でしたね。

と言わざるを得ない感じ。

 

それにしても、

WiMAX2+の拡大を急いでいるのでしょうが。

WiMAXの収束、既存ユーザーの巻き取り施策※は

拙速な印象を受けますね。

WiMAX→WiMAX2+への機種変更0円キャンペーンなど

 

それはまるでdocomoの料金プラン改定のときのよう。

docomoさんも新料金プラン強制のおかげで

iPhone商戦は不調だったなんて話もあったり。

 

そして、その新料金プランの契約数が

想定以上の勢いで増えたおかげで

減収、減益なんですってね。

なんか誰も得しないプランになっている気がするのは

気のせいでしょうか。

 

話を元に戻すと。

そんな状況で、

今からWiMAX端末を手に入れても

それをいつまで使えるのか?

また、現在のWiMAXの料金のままででいつまで使えるのか?

ということが疑問になったので、断念。

今後気が向けば、最近ちょっと盛り上がりつつある、

MVNOのSIMでも検討してみましょうかね。

 

いやはや、難しいですね。