これはブログなのでしょうか

誰かに向けてというよりは、自分の備忘録的な意味合いで書いています。元々観劇記録メインだったものの、観劇回数が極端に減っているので、その他雑文の方が今は多いのです。

自分的twitterルールからのさらにブログを増やすのかの話

なんかそれっぽいタイトルになってしまいそうだったので、

「からの~」とかなんとか後ろにつけて誤魔化してみました。

 

twitterも本来はあまり深く考えずに

思ったことをtweetすべきなのでしょうが

実際には思ったことをそのままtweetしているのかというと

決してそういうわけでもなくて。

なんとなく、無意識のうちに

自分でルールを作っているような気がしまして。

 

1.ネガティブなtweetは避ける

2.基本独り言だと思って書く

3.tweetしたいときにtweetする

  tweetの間隔が空いたからといって、無理にtweetはしない

  逆にtweetしたいときは、多少の連投は気にせずtweetする

4.気の利いたことを書きたい

5.安易に人や組織を批判するようなtweetはしない

6.草生やしすぎない

 

ルールという割にはレベル感バラバラで。

しかも、守ることができてないものもちらほら。

 

そして、自分が意外に「暇だ」とか「構って欲しい」

というようなtweetはそれほど積極的にしていない気が。

間接的にそれを感じさせるtweetはあるかもですが。

 

そもそも「暇」と思うことが少ないということと。

「構って欲しい」とは素直に言えない系だということ。

 

twitterだと予想外のreplyが返ってきて戸惑うこともあったりして。

ちょっと躊躇するのですよ。

あんな短文でやりとりしていたら、当然だし。

またそこも面白いところではあるのでしょうが。

 

なので、別に専用のブログか何か用意して、

そこには「構って欲しい」だのなんだの

素直に書くと。

で、ワタシに興味がある人だけ

そこを覗いて貰う。と。

 

ただ、それなら。

「それこそtwitterでいいじゃないか」

skypeのムードメッセージに書いたらいいじゃないか」

と、言われると返す言葉もないのです。

それでなくても、

twitterやらブログやら何やらたくさんありすぎるので、

さらに増やすのか。という話もありつつ。

 

でも、なんだかtwitterはオープン過ぎて。

なんだか。なのです。

さ、果たしてそんなことをしてしまう日がくるのか?